痛快無比

国際通信社 ワースト1の大阪府で・・・

街頭犯罪の発生件数が10年連続全国一の大阪府で、府警が市販の小型二輪車に私服警察官
が乗る「覆面バイク隊」を走らせているのだそうです。
その小型二輪車には、赤色灯もサイレンも装備していないために警察車両と気付かれず、
パトカーが進入できない路地裏まで「忍び」のように追尾できるのです。
春からはカメラも搭載して、逃走車両などの捜査に活用するということです。

大阪府警犯罪対策室によると、府内の路上強盗、ひったくりなど、街頭強盗の発生件数
は2000年以降、全国最悪という結果が出ています。摘発のため、2001年には小回りがきく
250ccバイクの「青バイ」を42台導入しました。

しかしながら、その青バイでも入れない細い路地などに逃げ込まれるケースがあり、昨年
11月には125ccのスクーター230台を導入しました。警察車両だとわからないよう、車種や
色をそろえずに、無線機もヘルメットの内側に仕込んでいるとのことです。
スクーターに乗る警察官は、私服で乗るそうです。

今年1月の街頭犯罪件数は、統計がある1989年以降では最少の6305件でした。東京と同数
で、月間数ですが、この10年で初めて「単独ワースト1」ではなくなりました。
国際通信社から発行されている雑誌に「不景気」に関する記事が様々な内容で取り上げら
れているかと思うのですが、まさに「不景気」だからこそ、強盗や街頭犯罪が多発するか
と思うのです。安心して街を歩いていられない状況にあるのかもしれません。そのような
時期に警察官が取り締まってくれることで、少しでも安心できる街になればいいかと思う
のです。スクーターに乗り私服を着た警察官に、ひょっとしたらすれ違っているかもしれ
ませんね。


経済情報誌 国際ジャーナル 2008年12月号のご案内 | 国際通信社 国際通信社グループ 商法 掲載料 刑法 国際ジャーナル 取材 名古屋 民法 タレントがインタビュアーになり取材します 現代画報 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 大阪 評判の雑誌って? 取材します 取材しました 東京 取材です 報道ニッポン 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 現代画報は現代画報社から出版されています 発行部数は約3万部
[PR]
by kokusaijo | 2010-03-11 18:23
<< 現代画報の取材 就職難。 国際通信社 山のヴェネツィア、... >>



痛快無比
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧