痛快無比

株 現代画報社 ヤマダ電機の中国進出

最近何かと話題に上る中国。北京万博では、中国ならでは(?)のマネっ子疑惑で大騒ぎにもなっていましたが、今や中国はビジネス相手としては申し分のない国になりつつあるようです。ということでかどうかはわかりませんが、家電量販最大手のヤマダ電機が5月6日に発表したところによれば、ヤマダ電機が今期中に中国へ進出すること決めたのだそうです。ちなみに、国内の家電メーカーのなかで中国本土へ進出するのは、ヤマダ電機が初めてなのだとか。ちなみにその計画については、今期が1店舗で、来期が2店舗を予定しているそう。ちなみに中国国内のお店の外観は、日本国内で展開する都心部の大型店「LABI(ラビ)」と同じ規模の店舗を想定しているのだそうですよ~。中国って、貧富の差が激しいですが、確かに中国の富裕層には日本のメーカーの電気製品て、人気がありそうですし、お金もあるから買いそうですよね~!ヤマダ電機が中国に本格的に進出する裏側には、国内市場での成長が期待できないためなのだそうですよ。中国でヤマダ電機が成功したら、他の企業も中国進出に乗り出しそうな予感もしますね。ヤマダ電機の売上目標である3兆円は、国内だけでは6-7年かかると見込んでいるようですが、海外展開でもっと早くに実現できるのではと、岡本取締役はコメントしているそう。吉と出るか凶と出るか、見逃せませんね!

経済情報誌 国際ジャーナル 2008年10月号のご案内 | 国際通信社 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています wiki 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
[PR]
by kokusaijo | 2010-05-11 11:02
<< 国際ジャーナル 高校生たちが、... 現代画報社 情報誌 小学校の余... >>



痛快無比
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧