痛快無比

現代 現代画報社 今年のゴールデンウィークは夏のよう

5月に入り、多くの人が楽しみにしているのが「ゴールデンウィーク」なのではないかと
思います。仕事の内容によっては「ゴールデンウィークが稼ぎ時」というところもあると
思うのですが、ゴールデンウィークに高速道路の渋滞や帰省ラッシュ、海外へ飛び立つ人
の姿もテレビを通じて毎年のように目にしています。

つい最近の4月というのは季節で言えば「春」だというのに、まるで真冬のような天候が
続きました。この天候が原因で体調を崩してしまったという人もいらっしゃると思います。
ダウンジャケットを着て街を歩く人の姿も見かけました。
しかし、このゴールデンウィーク後半の3日間、西日本は「夏が来た」と思うくらいに暑い
日が続いたのです。
天気がよく、外出するにはぴったりでした。そのため、行楽地では初夏の装いの観光客で
賑わったそうです。

近畿の話になりますが、兵庫県豊岡市で29.4度、京都府舞鶴市で28.6度と、7月上旬並みの
暑さになりました。そして大阪市で26.1度を記録するなど、各地で今年の最高気温となった
のです。

そんな中、和歌山県白浜町の白浜海水浴場では海開きが行われ、約5000人が今シーズン初めて
の海を満喫しました。以前、雑誌「現代画報」で「気候」に関する記事が紹介されていたよ
うに思うのですが、最近は、不思議な天候が続いて生活している私たちが振り回されている
感じだと思います。ゴールデンウィークが終わると、またいつもの生活が始まります。
この4月から社会人として働いている人にとっては「五月病」というものに悩まされるかもしれ
ません。不景気の中、採用された会社です。気を引き締めて頑張っていただきたいですね。


国際ジャーナルから発展して 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 経営者の為の異業種ネット 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 現代画報は現代画報社から出版されています 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています wiki
[PR]
by kokusaijo | 2010-05-14 10:54
<< 報道ニッポン すっぱいカツ。 国際ジャーナル 緩やかに回復? >>



痛快無比
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧