痛快無比

報道通信社 地球温暖化による危機

カクレクマノミといえば、ディズニー映画のファインディング・ニモで一躍脚光を浴びた、可愛らしいオレンジに白の縞模様のお魚さんですが、なんと地球温暖化で海水の酸性化など気候の変化によって、絶滅に近づいているのだそうですよ!海水の酸性化や水温が上昇すると、サンゴ礁が破壊されたりする上、カクレクマノミのお家であるイソギンチャクを探すためにあるカクレクマノミの嗅覚が影響を受けてしまうのだそう。実際に地球温暖化で苦しんでいる動物たちは、同じくハッピーフィートという映画の主役であったコウテイペンギンやら、オーストラリアの顔であるコアラやらシロイルカやら動植物10種類以上なのだとか。動物さんたちを活かすには、私たち人間が力を合わせて気候変動の速度を落とすべく、考えて生活していかなければならないのだそうです。確かに最近の地球の気候は、本当におかしくなっていますものね。動物だけでなく、私たち人間にも危機が迫ってるんじゃないかななんて、ふと思ってしまう話しでした。

現代画報|現代画報社|国際通信社グループ 国際ジャーナル 報道ニッポン 経営者の為の異業種ネット wiki 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています
[PR]
by kokusaijo | 2010-05-31 17:27
<< 国際ジャーナル 四十肩五十肩 現代画報 藤井リナとISSA破局 >>



痛快無比
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧