痛快無比

報道通信社の報道ニッポンの特集 人の評判

普段滅多に出歩かない出不精の私ですが、
仕事をしていると、色んな方との出会いを体験します。
それは、感動する出会いだったり、哀しい出会いだったり、
残念だったり、嬉しかったり、・・・と様々ですが、
仕事を通じて、としても、最終的には、その人自身、
その人の人柄や人間性が問われるのだなと感じます。

仕事で言えば、上司もおり、部下もおり、取引先、その関連・・・と
立場立場で思うことや考え方に、多少の違いは当然あるとは
思うのですが・・。

今は流行らないといわれるかもしれないけれど、
「この人と仕事がしたい」とか「この人についていきたい」とか、
「関わりたい」とか「面白い」とか・・・
どんなに言葉で上手に言おうと、こういう気持は、心で感じなければ
発せられないと思うのです。

もちろんパーフェクトな人なんていないでしょう。
でも欠点をも魅力に変えてしまえる程の
人としての深みや厚み、言葉で言うなら、包容力とか、
人を認める気持とか、思いやりとか・・そんなものを持ち合わせていれば、
素晴らしいですよね。

立場が上の人なら、部下に慕われたいと心のどこかで思っていると
思うのです。
どなってもがなっても、無理難題ふっかけても、
嫌われても、仕方ないけど、人間力の豊かな人は、
それさえ越えて慕われると思うのです。

そんな人と出会えたときは、当たらず触らず、の私でさえ、
ものをはっきりいうことの大切さや、そうする為の裏づけを
自身に課したいなと思わされます。




tigers.ebb.jp 現代画報は現代画報社から出版されています
[PR]
by kokusaijo | 2010-07-06 11:15
<< 国際通信社グループの現代画報の... 報道通信社の報道ニッポンの特集... >>



痛快無比
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧