痛快無比

現代画報社の現代画報の特集 体温よりも暑い夏

梅雨が明けた途端、全国一斉に酷暑の日々が続いてますね。午前中まだ8時くらいなら大丈夫かなと思って、帽子を被ってジョギングに出たのですが・・もう暑いという表現を通り越して、苦しい。3km走るのが精一杯でした。猛暑日が続いたせいで熱中症患者の数が過去10年の最高記録を抜いたらしいですよ。群馬の館林なんて38.9℃まで上がったとか。体温より高い、しかも平熱どころか高熱でうなされてる状態じゃないですか。そりゃ暑くて死ぬ人が出てもおかしくないわ。
でも、猛暑日を記録したのは2年ぶりのことだそうで、ちょっと意外な気がしました。特に今年は5月くらいまで気温がなかなか上がって来なかったから、冷夏になるんじゃないの~なんて言ってたからかもしれません。ヨーロッパでも異常高温になっているみたいですね。
こうなってくると、地球温暖化の話があちこちで出てきますよね。猛暑→みんながエアコンをつける→消費電力が上がる→CO2排出→温暖化→猛暑→・・という悪循環。国際通信社の雑誌でも取り上げそうです。まあ 分かってはいますがね、エアコンをつけない方がいいってことは。でも暑い。今朝も子供に「朝から暑い暑いって言うな!」と怒って学校へ送り出しましたが、正直、子供は大変だと思います。一クラス40人近い教室に扇風機2台しかない環境で勉強しているんですから、エライわ。音楽室はエアコンついてるらしいです。音楽にはエコより平常心が必要ですか(苦笑)。



現代画報社 取材
[PR]
by kokusaijo | 2010-08-04 12:20
<< 現代画報社の現代画報の特集 中... 現代画報社の現代画報の特集 日... >>



痛快無比
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧