痛快無比

現代画報社の現代画報の特集 我が子を意識不明にまでする行動

先日から「虐待」に関するニュースがテレビで取り上げられていました。
この「虐待」は大きな問題で、地域によっては電話相談などの窓口を設けて
いるところがあるようです。そして以前では雑誌「現代画報」でも紹介されて
いたかと思います。

先日ニュースで取り上げられていたのは、小学4年生の長男に暴行し、意識不明
の重体となる大けがを負わせたとして、兵庫県警は34歳の父親、31歳の母親
を傷害容疑で逮捕したそうです。

発表によると、2人は昼の3時半頃から約9時間、断続的に自宅で小学4年の長男
の顔を平手打ちしたり、胸などをけったりして重傷を負わせた疑いがあるという
ことです。この長男は病院に運ばれたそうですが、意識不明の重体だといいます。

両親は容疑を認めているとのことです。父親の財布からお金がなくなっていたので
長男に問いただしたところ「ゲームを買った」などと話したようですが、実物が
見つからなかったために殴ったというのです。

財布からお金がなくなっていたのは本当に長男がとったからなのでしょうか。詳しく
は私も分からないのではっきり意見が言えないのですが、ただ、意識不明になるまで
の状態に持っていく親の気持ちが信じられません。しつけの度合いを越えています。
子供を育てることの大切さをもう一度考え直す必要があるかと思います。


月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年4月号のご案内 | 現代画報社
[PR]
by kokusaijo | 2010-08-06 11:59
<< 現代画報社の現代画報の特集 夏... 現代画報社の現代画報の特集 中... >>



痛快無比
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧