痛快無比

現代画報社の現代画報の特集 夏のお楽しみ

夏休み、子供は待ちに待ってたかもしれませんが、母には苦行の日々がやってきたという感じです。いやー 金があったらまだマシなんですけどね。三度のご飯、40日近く毎回作り続けるのは正直しんどい。どこか食べに行ったりケータリングを使えるなら随分楽なのになあ。。ボーナスカットでそうも行かず。。どこかへ連れて行ってやるのも難しいです。ご飯はまあ仕方ない、頑張るとして、レジャーはやっぱりあんまり外しすぎちゃうと可哀想なので、できるだけタダで遊べるところを探して行ってます。例えば、図書館のお話コーナーとか、美術館の体験教室とか、無料で遊べる電力館とか、あとやっぱり公園ね。。レジャーには程遠い。でも、夏と言えば花火があるじゃないですか。花火はタダですからね。現代画報でも「どかんと一発!夏の納涼
──夜空に咲く火の花」という記事が載ってますよ。どかんと一発、そうそう、景気がいいですよ花火は。ここら辺だと二子多摩川の花火大会が近いです。近いけど人出の多さに恐れをなして一度も行ったことがない。一体何時ぐらいから場所取りしてるんでしょうかね。そこまでの気合は花火に対して持てないヘタレなので、隅田川花火大会なんてホント憧れの的ですよ。2万発ぐらい上がりますよね。毎年テレビで観戦?鑑賞してますが、関東に居る間に一度は生で見てみたいものです。一生ものの価値はあるんじゃないかな。



国際ジャーナルの取材で・・
[PR]
by kokusaijo | 2010-08-09 14:43
<< 現代画報社の現代画報の特集 ル... 現代画報社の現代画報の特集 我... >>



痛快無比
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧