痛快無比

民主党政権の政策優先順位について



これからの日本の経済について、一体どのような政策 を取り入れていけばいい
のでしょうか。政府の考えている景気回復策はどのようなものがあるのでしょう
か。民主党政権においても、例えば公共事 業では、学校の耐震工事や災害復旧
など、暮らしの安全に直結する社会資本の整備を検討してもらいたいと思いま
す。何より国民の安全というもの が最優先されるべきではないでしょうか。国
際ジャーナルでも、民主党政権が取り組むべき政策については、その優先順位を
はっきりとさせていく 取組みを行ってもらいたいところです。そのほかにも、
ニーズが高い介護施設や保育所などの整備も、早急な検討が必要ではないでしょ
うか。ま た、疲弊している地方経済の建て直しも、地域経済にとっては大切な
テーマになっています。地方では景気回復の足取りが遅く、2010年1~6
月の中小企業倒産件数は依然として上昇する傾向にあると聞きます。公共事業の
削減や消費の低迷で、建設や小売りの苦境が続いているのが現状で はないで
しょうか。政府としては、中小企業向け融資の円滑化など、資金面での支援が、
今以上に緊急の課題として求められています。これからも 様々な状況に直面し
てくると思いますが、適切な政策を探ってもらいたいところです。





報道通信社
[PR]
by kokusaijo | 2010-08-31 19:31
<< 完全失業者率、良くなっている模様。 パンデミックに備えた体制作り >>



痛快無比
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧