痛快無比

新産業の育成と日本経済



これからの日本において、新しい産業をどのように育 てていくのか、その点が
日本再生の鍵を握っているのではないかと思います。そのポイントは新しい人材
の育成にあるかもしれません。政府として も、職業再訓練や再教育に力を入
れ、その間の生活を政府が保障する手厚い支援制度をつくるなどの政策は、これ
からの日本にとって有効な手段と なるかもしれません。国際ジャーナルでも、
これからの新しい産業をどのように大きくしていくのか、そんな提言があっても
いいのではないかと感 じます。例えば、福祉分野は多くの人手を必要としてい
るので注目されています。この分野に対して、税金を投じて介護サービス制度な
どを拡充す るのも一つのアイデアだと思います。さらに、他の産業を止めた再
雇用の再教育を受けた若者が働ける場をつくるという事にもつながるかもしれま
せん。女性の雇用確保も重要なテーマになります。各種の育児サービスを導入
し、出産後も安心して職場復帰できる環境が女性にとっては大事なポ イントに
なるのではないかと思います。社会保障や教育、育児など個別の政策を見直しな
がら、総合的な生活保障を通して経済を安定させるという 考え方が、これから
の日本には必要になっているのではないかと思います。




報道ニッポン
[PR]
by kokusaijo | 2010-09-02 11:32
<< 日本の経済成長を実現するための方策 完全失業者率、良くなっている模様。 >>



痛快無比
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧