痛快無比

ご飯時はやめてほしい

最近、過敏性腸症候群の薬のCMがやたら流れてますね。この病気、そんなに流行ってるんでしょうか。過敏性腸症候群と書くとやたらカタイんですが、乱暴な言い方をすると、ストレスや生活の乱れが腸に来る病気、ですね。不安定型、慢性下痢型、分泌型、ガス型の4つに分類されるそうです。もうその症状の説明を読んでるだけで、とにかく辛そう。自分も昔は腸が弱くて、
ここ一番というときにトイレに駆け込んでました。小学校3年生ぐらいのときが酷かった。今思うと、名古屋から川崎に引っ越して、子どもながらに環境の違いに対してすごくストレスを感じていたんでしょうね。でも、痛くなるのはだいたい夜、お楽しみのテレビ番組がやっている最中でした。家に居るんだからそんなに緊張しているわけじゃないのに、あれは何だったんだろう・・。もう一つ思い出すのは、兄の結婚式当日。急に痛み出して、結局行けなかったんですよねえ。。後から「お前はプレッシャーに弱すぎる」と兄から叱責されました。別にプレッシャーを感じる理由はなかったので、ただ単に式に出席するために新幹線に乗りたくなかっただけかも(苦笑)。その内、国際通信社の雑誌で取り上げそうですよね、過敏性腸症候群。サラリーマンに多い病気のような気がしますから、現状や対策なんかを検証してもらいたいです。それにしてもあのCM、ご飯時はやめてほしいわ。



報道通信社
[PR]
by kokusaijo | 2010-09-09 10:37
<< 食品 デフレ克服に対する対応はどうな... >>



痛快無比
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧