痛快無比

国際ジャーナル 日本の国際化と英語教育



このところ、企業においては、海外への進出という動 きが強くなっています
が、これはやはり円高の影響もあるかもしれません。そのような動きの中で、英
語の重要性が、今まで以上に高まってきてい るのではないかと思います。この
点について、国際ジャーナルではどのように分析しているのでしょうか。その点
については、早急に記事としても らいたいところです。企業でも、楽天などは
英語を社内における公用語としているそうです。会議だけではなくて、通常の業
務における書類なども 英語となっているのでしょうか。英語ができない人に
とってはとても大変ではないかと思います。このような社会的なニーズに対し
て、英語教育の 充実も求められているのではないかと思います。小学校でも英
語の授業が始まっているとニュースで読みましたが、これによって日本人の英語
力は 高まってくるのでしょうか。世界的に、日本人は英語に弱いという印象が
あります。これはせっかく勉強しても、実際に使う場面が少なかったから かも
しれません。今後は、日本国内でも、英語を使うシーンがいままで以上に増えて
くるのでしょうか。もしそうなれば、今小学校で勉強している 子供達にとって
はチャンスかもしれませんね。





現代画報
[PR]
by kokusaijo | 2010-10-14 11:34
<< 国際ジャーナル この先の行くえ... 国際ジャーナル グレーに染まりゆく >>



痛快無比
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧