痛快無比

国際ジャーナル 休暇改革国民会議

観光庁は10月6日に、大型連休を地域ごとにずらして取得する「休暇分散化」
構想推進のため、経済界代表らでつくる「休暇改革国民会議」の初会合を都内で
開いたのです。この様子はテレビでも放送されていました。

構想に対して、経済活性化の観点などから導入すべきだとの意見が多かった一方で、
企業活動への影響を懸念する声も出たのです。
この会議は、経済界や教育界、そして道府県知事など約60人で構成されているそう
です。会議では「分散化は観光需要の拡大や雇用創出につながる」という経済界の
意見などの賛成意見が大半を占めました。
ですが「全国展開の企業では取引に支障が出る」「祝日の意義が薄れる」などの
否定的な声もあったようです。
また、休暇分散化の導入によって、有給休暇の取得促進を求める意見も出たのです。

休暇を分散することで、どのようなメリットがあるのでしょうか。
テーマパークなどは「行きやすい」や「並ばずにすんだ」ということもあるかも
しれませんが、自分は休みなのに故郷の知人が休みではないので会えない・・・や
「自分は休みだが、大事な得意先が休みではないため出勤せざるを得ない」という
ことも出てくるでしょう。この国で働く人々の多くは「有給を取得しづらい」とい
うのが現実なのです。ですが、この景気の悪さで給与が減っているという厳しい
状況の中で仕事をしています。「休暇分散化」が本当に実現できるとは私には考え
られないのですが・・・。どう思われるでしょうか。


現代画報
地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル』では、各界著名人インタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ国際通信社,報道通信社現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事連載記事で好評を得ています。
[PR]
by kokusaijo | 2010-10-25 13:07
<< 国際ジャーナル TAX HAVEN 国際ジャーナル 飲料市場で2年... >>



痛快無比
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧