痛快無比

現代画報 国際ジャーナル エコカー補助金終了後の自動車業界

新聞に載っていた記事ですが、日本自動車販売協会連合会が12月1日に発表した
11月の軽自動車を除いた新車販売台数は、前年の同じ月と比べて30.7パーセント
減の20万3246台にとどまったということです。
3か月連続の減少で、下げ幅は10月の26.7パーセントよりも拡大されました。
11月としては1968年の統計開始以来最大となってしまったのです。
やはり、9月の「エコカー補助金終了」に伴う反動が販売に深刻な影を落としている
ようです。

補助金の恩恵を受けたメーカーほど反動減も厳しいようです。ハイブリッド車の販売を
大幅に伸ばしたメーカーが34.3パーセント減、別のメーカーが37.6パーセント減、
また別のメーカーは40パーセント減となったのです。
落ち込んだ需要が戻るには数ヶ月かかるとみられているようで、当面は厳しい状況が
続く見通しだそうです。ですが、補助金効果による8月までの上積みがあるために、
「12月が前年と比べて3割減となっても、2010年の販売台数はリーマン・ショック
があった2008年を上回る」という話もあるようです。

まだまだこの国は「不景気」が続いています。「不景気」に関する内容の記事が
国際通信社から発行されている雑誌にも載っていたように記憶していますが、
このエコカー補助金は、多くの人が喜んだシステムだと思います。
「今が買い時」と判断した人が多かったのでしょう。あっという間に予算がなくなって
しまったようですね。非常に残念な話でした。
ちなみに家電製品のエコポイントも半減されるという話です。
今後、自動車関連、家電製品関連はどのような状況になるのでしょうか。


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報社
[PR]
by kokusaijo | 2010-12-21 15:38
<< 現代画報 国際ジャーナル ノロ... 現代画報 国際ジャーナル イン... >>



痛快無比
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧