痛快無比

現代画報 国際ジャーナル ノロウイルスの予防が必要な時期

新聞に載っていた記事に気になる内容のものがありました。
これから年末にかけて、ノロウイルスによる食中毒や感染性胃腸炎の患者が
最も増える時期だといわれています。ノロウイルスはごく少量でも口から体内に
入ると感染します。乳幼児や高齢者は症状が重くなることがあるだけに、手洗い
をしっかり行うことと、感染した人の嘔吐物は適切に処理するなど、日ごろから
予防対策を徹底することが大切です。
ちなみに、私の子供が通う幼稚園ではノロウイルスに感染して休んでいる園児が
多くいます。ですので、私の子供に感染しないようにと手洗いやうがいなどの
徹底は十分にしているつもりなのですが、こればかりは分かりません。

このノロウイルスというものは感染してから1、2日の潜伏期間を経て、吐き気や
嘔吐、下痢、腹痛などの症状が出ます。通常は1、2日で回復するということで
すが、乳幼児や高齢者では脱水症状になることも多いといわれています。
水やスポーツドリンクなどで水分補給をすることがとても大切です。

私の子供がまだ1歳くらいの頃に、このノロウイルスに初めて感染し、食べること
もできなければ水分を取ることもできませんでした。親としてとても不安になりま
したが、先ほど記載した1、2日間ほどで元気になってくれ、食欲も元に戻った
ため安心しましたが、とてもつらそうな表情をしていました。

つらい思いを子供にさせないよう、日ごろから予防対策は行わなければならない
ですね。その予防対策が風邪やインフルエンザ対策にもつながると思います。


国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道ニッポン
[PR]
by kokusaijo | 2010-12-22 12:17
<< 現代画報 国際ジャーナル 「こ... 現代画報 国際ジャーナル エコ... >>



痛快無比
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧