痛快無比

現代画報 月刊 国際ジャーナル 沖縄問題の解決をどのように考えるのか?

最近は東アジアの安全保障をめぐる情勢も動きが活発 になっていますが、そん
な状況において、沖縄の問題は注目する必要があると思います。菅直人首相です
が、最近沖縄を訪問して、沖縄の仲井真弘 多知事と会談しています。この訪問
の目的としては、先の沖縄県知事選を受け米軍・普天間基地問題の打開を探る狙
いがあったのではないかと報道 されています。今回の協議はあまり成果がな
かったようです。これからの政府の対応が気になるところです。国際ジャーナル
でも、沖縄の基地問題 における今までの経緯をまとめてほしいと思います。沖
縄県知事選では、再選された仲井真氏も対立候補もともに普天間の「県外」移設
を訴えてい ました。状況はとても厳しいものがあります。県内への新基地建設
を拒む民意は、選挙によって明確になっているのかもしれませんね。菅首相は、
沖縄・名護市辺野古に新基地を造るとした5月の日米合意を実施する事を目標と
しているようですが、その前途は厳しいものがありそうです。アメ リカとの関
係についても、今は重要な局面となっています。菅内閣における外交面での舵取
りも重要なところです。この沖縄の基地問題について は、今後も注意していく
べきだと思います。





国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道通信社
[PR]
by kokusaijo | 2010-12-29 10:41
<< 現代画報 月刊 国際ジャーナル... 現代画報 国際ジャーナル 月刊... >>



痛快無比
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧