痛快無比

現代画報 月刊 国際ジャーナル 法人税減税の効果はどれくらいか?

日本の経済における環境については、デフレの克服、 雇用の確保など多くの重
要な問題があります。消費税のアップという大きなテーマもありますが、これか
らの税制に対しての政府の方針が発表され ています。それが2011年度税制
改正大綱です。大きな特長は難でしょうか。まず、国際的に高いとされている日
本の法人税について、法人税減 税で企業を優遇する事があります。企業の税負
担を軽減して投資や雇用を増やし景気浮揚を図るというのが、政府のシナリオで
はないかと考えま す。この減税の効果はどれくらいあるのでしょうか。国際
ジャーナルでも、この減税効果については、試算を行ってもらいたいと考えま
す。法人税 の5%引き下げに必要な財源は約1兆5千億円だといわれていま
す。この財源をどのように確保すればいいかが議論されています。不足分は相続
税 や所得税をそれぞれ増税するという考えも報道されていますが、個人への負
担増は気になるところです。これからの更なる議論が必要なのかもしれ ませ
ん。今回の減税によって、本当に企業の投資活動が促進されるのか、その点につ
いては前向きに考えてみたいと思いますが、いずれにしても今 後の効果につい
ては注目したいと思います。





国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
現代画報社
[PR]
by kokusaijo | 2010-12-29 14:42
<< 現代画報 月刊 国際ジャーナル... 現代画報 月刊 国際ジャーナル... >>



痛快無比
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧