痛快無比

現代画報 月刊 国際ジャーナル 2011年スタート

2011年がスタートしました。みなさんは、どのようなお正月を過ごされたでしょうか。
年末のテレビニュースでは帰省している様子、また海外などでお正月を過ごすという
旅行へ行く人たちの様子が放送されていました。

「孫の姿を見ることができて嬉しい」「家族が久しぶりにそろった」という嬉しい
出来事もあったのではないでしょうか。久しぶりに友人に会った・・・という人も
いるでしょう。

今年はどのような年になるでしょうか。私の個人的な意見としては、とにかく景気が
改善されてほしいと思っているのです。
以前に雑誌「現代画報」でも不景気に関する記事が載っていたように思います。
テレビでも気分が滅入るような内容のニュースが報道されます。
いつになれば普通の生活ができるのだろう・・・そう思っている人は多いと思います。
どうか今年は一歩前進した国になってもらいたいですね。
悪いほうにいくのではなく、良い方向へ向かってもらいたいと思っています。

また、私の個人的な話になりますが、今年は上の娘が小学校へ入学、そして下の娘が
幼稚園に入園となります。
ついこの間生まれたばかり、と思っていたのですが、あっという間に成長していました。
親の私にはこれからもたくさんの課題が出てくることでしょう。
ですが、その課題を完成させることによって親としても成長できるのでは・・・と
思っています。
今年は、いずれにしても良い年になりますように・・・。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報社
[PR]
by kokusaijo | 2011-01-08 14:41
<< 現代画報 月刊 国際ジャーナル... 現代画報 月刊 国際ジャーナル... >>



痛快無比
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧