痛快無比

現代画報 月刊 国際ジャーナル 日本贔屓

フランス人って結構、日本贔屓ですよね?最近話題になったルーブル美術館での村上隆氏の展覧会、パリ・オペラ座前にユニクロの出店を許したり。フランスの文化を愛する日本人にとっては、逆に「なんで?」と首を傾げたくなるくらい、フランスの人は日本に甘いと思います。いや昔から日本文化をフランス人は賛美してくれていました。日本趣味として浮世絵を高く評価したのはフランス人ですしね。フジヤマ・ゲイシャにニンジャという古めかしいフレーズが好きなアメリカと違って、フランスは日本の現代アートやポップカルチャーに対しても理解があります。
国際ジャーナル12月号に「ジャパニーズポップカルチャー イン フランス」というコラムが載るぐらいに、日本文化はフランスに浸透しているんですよね。フランス文化好きの日本人としては、嬉しいけれど恥ずかしい感じが抜けません。フランスに対しての憧れと、日本人としての誇りとがなかなか心の中では同居しないんですよね。特にオタク文化については、フランス人に「これはちょっと恥ずかしいものなんですよ」って耳打ちしたい気分です。。自分がオタクだからハッキリ言いますが、オタクの遊びはこっそり楽しむものという自覚を持って欲しいんですよね。東京都はそれを許さないみたいですけど。パリは許して欲しい。



国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報社
[PR]
by kokusaijo | 2011-01-11 10:54
<< 現代画報 月刊 国際ジャーナル... 現代画報 月刊 国際ジャーナル... >>



痛快無比
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧