痛快無比

ザ・ヒューマンの美食探訪 災害時に帰宅できるのか。。

国際ジャーナル 2011年4月号に、「災害時、歩いて家まで帰れますか──

“人まかせにしない”防災意識を持とう」という記事がありました。

しかし災害直後の帰宅は余震などを考えると、とても危険だという声もあります。



歩いて自宅に帰れるか・・・考えてみました。



かなり時間はかかります、多分、1日かがかりになるでしょうが、歩いて帰宅

することは可能だと思います。

けれどもそれは通常の状態で、川には橋がかかっていて、倒壊した建物で道が

遮断されていないことが前提です。

もし、被災地真っただ中を歩いて帰るとなると、きっと2~3日はかかるのでは

ないでしょうか・・・



しかし、災害時に徒歩で帰れる道を、きちん把握しておくことは必要はありますよ
ね。


国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道通信社
[PR]
by kokusaijo | 2011-04-14 16:38
<< ザ・ヒューマンの美食探訪 生活... ザヒューマン・国際ジャーナル・... >>



痛快無比
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧