痛快無比

国際ジャーナル・国際通信社・月刊誌 有料化で減ったもの

犬がネコの引き取りを有料にしたところ、半年間の引き取り数が
前年同期に比べて大幅に減少したことが分かったのだそうです。
県生活衛生課は「有料化によって、飼い主が安易に動物を手放すことに一定の歯止め効果が
あったのではないか」とみています。

犬や猫の引き取りは「飼い主に責任を持って飼い続けることを促したい」として、昨年6月
から有料化されました。県や同市によると、有料化した昨年6~12月の半年間に引き取った

犬、猫の数は1238匹で、前年同期の2235匹に比べて45パーセント減少したそうです。

引き取られた犬や猫は、原則としてすべて殺処分となります。県動物愛護指導センターでは、
引き取り希望者がほかの飼い主を探すなど、引き取りを避けるよう努力したか確認をした上
で、最後の手段として引き取っているそうです。

以前、雑誌「現代画報」でも動物やペットに関する記事が取り上げられていたように思うの
ですが、有料化しなければ引き取りが減らないというのは非常に悲しい話ではないでしょうか。
1度自分の手元に来た犬や猫というのは家族の一員なのです。家族の一員ということは、最後ま
で世話をしてあげるというのが常識なのではないかと思います。
それを人間の勝手な考えから手放すというのは、決して許される話ではないように思います。
犬や猫が言葉を話せないがために、物のように捨ててしまうという行為がどうしてできるので
しょうか。犬や猫は感情がある立派な生き物です。人間と同じなのです。
現在、飼っている犬や猫を捨ててしまおうと考えている人はどれだけいるでしょうか。その考え
を持っている人に聞きたいのは「あなたは家族を捨てることができますか」ということです。
いつの時代になってもペットに対して無責任な行動をとる人は、なかなかゼロにはならないので
すね。




日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道ニッポン
[PR]
by kokusaijo | 2011-04-20 12:54
<< 国際ジャーナル・国際通信社・月... 国際ジャーナル・国際通信社・月... >>



痛快無比
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧