痛快無比

ザヒューマン・取材とは 計画的避難区域の今後について

震災による原発事故の影響を受けて全域が計画的避難区域になった福島県飯舘村
は大変な状況だと思います。ここで営業している比較的放射線量の低い 場所に
ある一部の会社などでは、今後の先行きに関して不安なところがあったと思いま
すが、避難の期限以降も、この区域に入って事業を続けることが 特別に認めら
れています。これによって、ある程度事業を継続することが可能となりました
が、原発事故の先行きを含めて楽観はできないと思います。





大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
opem-press | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
[PR]
by kokusaijo | 2011-06-04 10:26
<< 国際ジャーナルと職人 山本太郎... 国際画報・報道ジャーナル・現代... >>



痛快無比
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧