痛快無比

ビジネスと国際ジャーナル ローズガーデンが再開

東日本大震災による被害で休館している「千葉市花の美術館」で、ローズガーデンが
再開したのだそうです。これは新聞記事に書かれていました。
比較的被害が少なかったほかに、約600平方メートルの敷地に植えられた170種
のバラ300株がまもなく見ごろを迎えることから再開が決まったのだそうです。
「震災」に関する記事は国際通信社から発行されている雑誌にも載っていたように
記憶しているのですが、様々な地域で様々な被害が起きています。
ですが、時間が経った今、少しずつでも再開をする箇所が出てきています。
そのようなニュースを耳にすると、嬉しい気持ちになります。
また、何か微力ながらでも協力できることがあれば・・・と考えることもあります。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道通信社
[PR]
by kokusaijo | 2011-06-06 13:33
<< 大人の経済誌・国際ジャーナル・... 国際画報・現代通信社・報道月刊... >>



痛快無比
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧