痛快無比

ザ・ヒューマンの経済誌 風評被害を防ぐのが最大のポイント

日本のからの輸出品については、放射能汚染されているのではないかという風評
被害が発生していますが、アメリカで開かれていたAPEC=アジア太 平洋経
済協力会議の貿易担当相会合では、この点の見直しを求める動きがでています。
日本が、福島第一原子力発電所の事故による風評被害の払拭を求 めており、会
議に参加する各国が過剰な輸入規制をせず、貿易上のルールを順守するという内
容で議長声明が採択されています。日本にとってはいい ニュースですね。





日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道ニッポン
[PR]
by kokusaijo | 2011-06-08 12:26
<< 国際通信社の国際ジャーナル い... ザ・ヒューマンの経済誌 市場の... >>



痛快無比
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧