痛快無比

ザヒューマンとビジネス誌 もっと国民の立場に立った議論を

菅首相の動向が焦点となっていますが、与野党とも見苦しい状況だと思います。
目先の権力闘争に集中して、これまで否定していた国会会期の大幅延長 や第2
次補正予算案の早期編成を突如持ち出すような事になっています。これでは国民
の信頼を失う結果になってしまうのではないかと思います。特に 首相に求めた
いのは政治にまい進する気迫ではないでしょうか。大震災という未曽有の国難に
あってリーダーとしての信念を持ち、日本の再生に取り組 んでほしいものです。



国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル文芸批評
[PR]
by kokusaijo | 2011-06-16 18:59
<< ビジネス国際ジャーナル 本を読む姿 国際通信社のネットのインタビュ... >>



痛快無比
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧