痛快無比

リーダーズ・アイの心得 半ドンの土曜日

ネットニュースで、ゆとり世代の就職活動が来年度もさらに厳しくなるという記事を読みました。不況だからそりゃそうだろうと思うのですが、やはり気になるのは、「ゆとり世代」というところ。2010年卒にゆとり世代を感じた人事担当者は5割を越えたと言うから驚きです。5割ってすごい
よね?顕著な違いというか、特徴がないとここまでハッキリと違いを感じないですよね?どこら辺が「ゆとり世代」なのか。「親への依存とそれに応える親の過保護」「覇気、ハングリー精神がない」「義務は果たさなくても主張だけはする」という意見があるそうな。
以前、国際ジャーナルで「ゆとり教育がもたらしたゆがみ」について特集を組んでいました。触りを読んでびっくりしたのが「足かけ30年にわたってゆとり教育が行なわれてきた」というところ。30年、我が身を振り返ったけれど、まだまだ偏差値至上主義がまかり通っていたことを思い出すので、一体どこら辺から始まっていたのか、実体験としてはちょっと分かりません。私立高校に通っていたから、国の方針をモロに被ることはなかったのかも。
調べてて、ああ!と思ったのは週休二日制の導入です。ゆとり教育を実感するといえば、ズバリこれでしょう。なんで土曜日を無くしちゃったんだろうと思います。単純に、子どもってヤツは「いつも退屈している」のです。というか、「楽しい!」か「退屈~」のどちらかしかない。「ボーッとしていたい」子どもなんて基本的に居ないのです。毎土曜日出かけるわけじゃないんだし、学校に行った方がいいんじゃない?と思う。極論ですかね。
個人的には、半ドンの土曜日の雰囲気が大好きだったなあと、大人になった今でも思います。ぺこぺこのお腹を抱えて「日曜日は何をしよう?」「お昼ご飯は何を作ってくれてるのかな?」とウキウキした気分で家路を急いだあの土曜日。自分の子どもにも体験させてやりたいような気がします。




勿論、友人は、カメラを購入しようと最初はとても苦労していましたが、インターネットのお陰で簡単に情報を集める事が出来て、X100を購入することが出来ました。
私の知人に有名メーカーと取引している会社で営業をしている方がいるのですが、その方からも色々な事を教えてもらいました。
基本的にどの職場でもそれなりにこなしてしまう彼はその職場でも良い立場にまでなっていたそうで、その後も知人の勤める雑誌社に勤めたりと、豊富な経験を積んだようです。
インターネットで異業種交流会 中国を見かけたので、参加しようか検討しているそうです。
近頃は株に関する雑誌も多く見られ、初心者向けの本も多く発行されているので、そういった本を見れば自己破産をする心配もないのだそうです。
また、その方はとても綺麗な爪をしており、人気のネイル 大阪 クーポンに通ってネイルケアをしているらしく、友人もその方にネイルサロンの話を聞いてから、初めてネイルケアの利用を考えたと話していました。
以前会った時はまだ地元の大阪 ハウスメーカーで営業していた頃なので随分久しぶりの再会です。
友人が利用しているサイトでは名刺を注文して作る事が可能なそうで、オリジナルデザインでオーダーしたそうです。
よく行くイタリアンのお店は、気軽に入れるし、居心地も景観もよく、とても気に入っていると話されていたそうです。
報道通信社 異業種ネットの異業種ネットの中で私が一度名刺交換したいと考えた企業が、近所の企業で、以前から知り合いに成りたいと考えている私には、とてもサイトに思います。
[PR]
by kokusaijo | 2011-11-15 17:47
<< ザヒューマンの電話 再び使用し... トップフォーラムについて 日本... >>



痛快無比
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧