痛快無比

トップフォーラムの心とは 竹筒の灯籠作り

阪神大震災の犠牲者を悼み、毎年1月17日に神戸市中央区のの遊園地で行われる
「阪神淡路大震災1.17のつどい」でともされる竹筒の灯籠づくりが進められて
いるそうです。毎年町民らが行っているそうですが、今年は東日本大震災などの被災地
でボランティア活動をした人も協力されるということなのです。
阪神大震災が発生してから月日が流れています。ですが、あの日の出来事というのは
決して忘れてはならないのです。
今でも思い出せば恐怖の2文字しか頭に浮かんでこないのですが、これからの
世代の人たちに受け継いでいかなければならない出来事の1つであると思います。


その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、現代画報社 異業種ネットでは、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
また友人はトップフォーラム 雑誌の購入を考えているそうで、サイトを常時チェックしているそうです。
どうやら先輩がボーナスで念願のCX180を購入するそうだということで、今度みんなで遊びに行くのだそうです。
月刊誌 ザヒューマンに掲載された情報で行ったと話しており、同僚にはとても感謝されました。
アロマの素材自体がたっぷりの潤いをもたらして気持ちよく爽やかな装用感が一日中続くそうで、 疲れた体にぴったりなイシス マッサージ 大阪だそうです。
ところで結婚式はいつなのか尋ねると、まだ正式な日取りは決まっていないとの事でしたが、 結婚式では思い出の写真をスライドショー形式で流す演出を行うそうです。
友人はデジタル一眼を購入しようとNEX-7がよさそうだと嬉しそうに話していました。
その買取ショップ近くには前まではカフェがあったのですが、家電ショップがあり、ニコンのGF2-Kが売ってました。
元々、美容 大阪で勤務していたのですが、結婚を機に愛知で勤務していました。
その方以外にも、友人の周囲でザ・ヒューマン 経済誌を購入検討している最中の方も居るそうです。
[PR]
by kokusaijo | 2012-01-10 12:38
<< 現代画報社からの取材の申込み ... リーダーズアイ 寺社散策 巨額... >>



痛快無比
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧