痛快無比

国際通信社の月刊誌 「図る」という字、読めますか?

先日、新聞を読んでいると学力に関する記事が載っていました。
以前には、雑誌「現代画報」でも学力や教育に関する記事が載っていたように思います。

それは、2009年秋。ある市立中学校の教室での出来事です。
「改善をズる」「ズるじゃない」
授業で、教科書を読み上げた中学1年生男子の声を男性教師は思わず遮りました。
男子学生が読んだ漢字は「図る」という字でした。それを「ズる」と読んだのです。
他の生徒に同じ部分を読ませたところ、やはり「図る」を「ズる」と読みました。
男性教師は「図という字は訓読みでは「はかる」と小学校で教えてもらっただろう」と

説明したところ、何人もの生徒が首をひねったそうです。

そして、数学でも同じことがいえるようです。小学6年で学ぶはずの「2分の1+3分の1」の
分数問題。多くの生徒が答えを「5分の1」と答えるそうです。また、短針と長針の役割が
分からず、教室の時計が読めない生徒さえいたそうです。
これは、この中学校だけで見られる状況ではなく、全国でも同様なのだそうです。
小学校低学年の内容でもつまづいてしまい、授業が進まないことがあるようです。
学校5日制や総合学習の導入で教科の時間は大幅に減り、小中とも一度教わった内容を身に
着けるまで反復する「本当のゆとり」がなくなったのが原因とみられているようです。


この新聞記事を読んで、私は驚きました。まさか、時計も読めないとは・・・。幼い頃

からデジタル時計に慣れているのでしょうか。よく「うっかり忘れている」ということが
ありますが、「うっかり」どころではなさそうな状況なのではないでしょうか。



他にもこのサイトでは経営者についても紹介されており、参加方法について分かり易く紹介されていて私にも理解しやすいサイトの作りとなっていました。
インターネットが普及している今、男性美容も活発で、素肌革命ナイトケアホワイトリッチがよく利用されてるみたいです。
現在も色んな方に頼りにされているそうで、不動産 大阪 土地の仕事をしている方の為に不動産情報の情報を集めているそうです。
このサイトでは珍しい形の住宅も紹介されていました。
最近では性別を問わずこういったピュアエッセンス 美容液が人気のようです。
そろそろヤギの購入を考えているそうで、どんなえさにしようか悩んでいるようでした。
RODも増えていて、以前よりも興味を持つ方も多いようです。
ニッスイ 生ズワイガニを購入することも多いようで、ついこの前もインターネットで購入したそうです。
それもこちらのトップフォーラム 大阪の雑誌を読んで知った情報のようでした。
友人が調べた中で一番条件の良かった口コミです。
[PR]
by kokusaijo | 2012-01-26 09:56
<< 企業家の軌跡と未来のリーダーズ... トップフォーラムの取材 史上最... >>



痛快無比
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧