痛快無比

株式会社報道通信社 記者を覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕

新聞に載っていた記事ですが、覚せい剤を使ったとして朝日新聞東京本社の記者を覚せい剤取締法
違反の疑いで逮捕していたことが分かったそうです。
捜査員が任意同行を求めて尿検査したところ、陽性反応が出たということです。
容疑者は調べに対して容疑を否認しているということなのです。
薬物に関する記事が以前に国際通信社から発行されている雑誌に載っていたように記憶していますが、
薬物はテレビや新聞でも取り上げられているように、絶対に手を出してはならないものなのです。
が、残念なことに簡単に手に入る世の中になってしまっているように感じられます。
厳しい捜索等が必要になってくるのではないでしょうか。


彼とは、彼が学生時代に桜 香りのようなものを扱うような会社でアルバイトをしていた頃からの知り合いです。
そのアロママッサージ店のクーポンには激安 マッサージ 大阪と書かれたものに、少し興味が惹かれたので今度試してみたいものです。
その中でも印象的に残っている雑誌は、トップフォーラム 経済誌で経営者が主人公の雑誌でした。
なんでもその場所は昔から縁があり、綺麗な公園なのは勿論ですが、和風な雰囲気が魅力の秘密だそうです。
その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、株式会社国際通信社では、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社 ロイターから発行されるビジネス書を教えて貰い私もその情報を集めたことがあります。
私も友人が、現代画報社 ビジネスが発行する雑誌を購読してみた話を聞いて興味が出た事があり、電話で問い合わせをしました。
また、インターネットをしている際に気になった外壁塗装 守口のホームページを参考に外壁塗装業者について、今から勉強を始めているそうです。
友人曰く、着ていた白衣がとても似合っていて知的に見えたのだそうです。
とても友人好みの方らしく、見目も良い方だそうで、もし浮気をしたらおすすめの探偵会社をインターネットで探して そちらの方に浮気相談をするんだと冗談交じりに話していました。
[PR]
by kokusaijo | 2012-05-30 09:28
<< トップフォーラム 雑誌 キング... 現代画報社 福島 防災ラジオ >>



痛快無比
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧