痛快無比

国際通信社の評判 高齢者の冬対策

先日、新聞に「高齢者の冬対策」という記事が載っていました。

冬に多いのが感染症です。子供も大人も気をつけなければならない時期です。
免疫力が低下している高齢者は、余計に気をつけなければならないようです。
では、高齢者のために本人や家族は家庭で何に注意すべきなのでしょうか。

在宅医療に詳しい訪問看護ステーションの所長は「訪問看護の利用者に、インフルエンザの発症は
それほど見られない。最も多いのは、風邪」と話しています。
しかし、高齢者は風邪により、菌を含んだ痰などが肺に入り、肺炎を起こす恐れも高くなるのだそう
です。そのために、単なる風邪と侮れないということなのです。
家族は帰宅の際に、手洗いとうがいの徹底が必須なのだそうです。もちろん、家族本人の予防にも
これはいいかもしれません。

介護を必要とする高齢者は、オムツを使用している人も多いでしょう。風邪をひいてしまった場合、
介護する側は手袋をはめてオムツを替えて、その後は必ず石鹸で手洗いをすべきなのだそうです。
使用済みのオムツはビニール袋に入れて密封して捨てなければならないのだそうです。
介護する側で手袋を使用するには抵抗感を持つ家族も少なくはないようです。が、愛情がないとは
思わないようにすべきなのだそうです。他の家族に感染を広げないようにすることも大切だという
ことなのです。

最後に、高齢者は寒がって厚着をしたり、暖房の温度を上げすぎたりする傾向にあるようです。
しかし、それはかえって熱が出る原因にもなってしまうのだそうです。掛け布団や衣服をこまめに
調整することが必要になってくるようです。それは、高齢者だけではなく幼い子供にも言えること
かもしれません。


報道ニッポンで取材されました
press-blog.org | 現代画報 | 現代画報社
国際ジャーナルと私
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年6月号のご案内
報道通信社の報道ニッポンの民法商法を読む
現代画報|現代画報社|国際通信社グループ 国際ジャーナル 報道ニッポン
国際ジャーナルへの思い

国際通信社 報道通信社 現代画報社
国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報
発行部数が3万部以上です。今、評判の雑誌って?
タレントが取材します。インタビュアーって誰?
振り込め詐欺など悪徳商法にお気をつけ下さい!
大阪 東京 名古屋 取材費 刑法 取材 商法 民法 掲載料 無料
[PR]
by kokusaijo | 2010-01-20 13:03
<< 国際通信社の評判 大学入試のミス 国際通信社 今ラスクが話題 >>



痛快無比
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧