痛快無比

国際通信社の評判 新型ワクチンが余っているから?全国民が接種対象になりましたね

厚生労働省は、新型インフルエンザワクチンの接種を、0歳児に対しても認めること
に決めたそうです。

このことで、すべての国民がワクチンを受けられるようになりました。

当初のワクチンの優先接種の対象は、



・1~18歳の子供

・65歳以上の高齢者

・持病のある人

・0歳児の両親



などに限られていて、0歳児は免疫がつきにくいという理由で、接種の対象から外さ
れていました。



優先接種が一段落し、19~64歳の健康な成人への接種が始まりましたが、ワクチ
ンが余っているようです。

輸入ワクチンどころか、国産ワクチンにも余剰がでるとされています。



これは、ワクチンを接種する前にインフルエンザにかかってしまった為、ワクチンの
必要性がなくなった。

ワクチンは2回接種から、1回接種で対応できるようになった等が背景にあるようで
す。



私は・・・

昨年10月にインフルエンザにかかってしまいましたので、新型に関してはワクチン
接種の必要性はなしです(笑)

39.3度前後が二日ほど続き、苦しい程の咳に悩まされました。

喘息の持病がないですが、もし気管支に持病があったら辛いだろう・・・と感じてい
たところ、

知り合いで喘息の持病のある人がインフルエンザにかかり、その方は呼吸器に拡張剤
インフルエンザの薬が手放せなかったそうです。



ワクチン接種は希望したいけれど、家族全員分となると、なかなか接種に踏み切れな
い現実もあります。



それに・・・

一昨年インフルエンザのワクチン接種しましたが4月になり、子どもがインフルエン
ザにかかりました。

その時、病院の先生に・・・

「え~!予防接種したのにぃ~インフルエンザ?それも4月・・・」

「予防接種したからといっても、ワクチンだって効きが悪くなる訳だ(笑)」

と、説明され・・・

その後、子どもの周りではインフルエンザがプチ流行してしまいました(汗)



最終的には思うのは・・・

昔のように、集団接種してくれると嬉しいかなって!


国際ジャーナルの取材で・・
経済情報誌 報道ニッポン 2009年5月号のご案内
国際ジャーナルが発刊
国際ジャーナル、報道ニッポン、現代画報
国際ジャーナルに登場
国際通信社books | 国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報
国際通信社 取材

国際通信社 報道通信社 現代画報社
国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報
発行部数が3万部以上です。今、評判の雑誌って?
タレントが取材します。インタビュアーって誰?
振り込め詐欺など悪徳商法にお気をつけ下さい!
大阪 東京 名古屋 取材費 刑法 取材 商法 民法 掲載料 無料
[PR]
by kokusaijo | 2010-01-26 14:48
<< 国際通信社の評判 「誰も守って... 国際通信社の評判 パソコン教室 >>



痛快無比
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧