痛快無比

国際通信社の評判 「誰も守ってくれない」アカデミー選考漏れ

アメリカの映画芸術科学アカデミーといえば、アカデミー賞の主催団体。毎年アカデミー賞に選らばれる映画や、アカデミー賞にノミネートされたという映画は欠かさずチェックするという方も多いのではないでしょうか?さて、そんなアカデミー賞ですが、アメリカ映画芸術科学アカデミーは1月20日に、今年のアカデミー外国語映画賞の選考対象となる作品を9作品発表したそうです。私たちの国、日本からは、君塚良一監督の「誰も守ってくれない」という映画が応募作品として送られていましたが、残念ながら「誰も守ってくれない」は選考漏れしてしまったそうです。ちなみに、正式な賞候補の5作品は2月2日に発表され、受賞作は3月7日に発表となるそうです。アカデミー外国語映画賞に送られる映画は、なんと65の国や地域から応募されるそうで、今回アカデミー外国語映画賞にノミネートされている9作品の一つには、昨年カンヌ国際映画祭で最高賞「パルムドール」に輝いているドイツのミヒャエル・ハネケ監督の「白いリボン」という作品も入っているのだとか。確かにそれは、手ごわそうですよね~。ちなみに去年のアカデミー外国語映画賞は、滝田洋二郎監督の「おくりびと」が受賞され、話題になっていましたよね。受賞されたことで「おくりびと」に注目して、ビデオ屋さんで借りてみた、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?授賞式の服装などファッションチェックも話題になっていましたが、今年はどうやらなさそうですね。

報道ニッポン | 報道通信社 | 報道ニッポンの投稿サイト
気ままな現代通信
press-blog.org | 国際ジャーナル | 国際通信社
評判の国際ジャーナル
発刊が楽しみな報道通信社の報道ニッポンへの思い
報道通信社の報道ニッポンのVIP・ザ・職人に掲載
国際ジャーナル・報道ニッポン・現代画報より

国際通信社 報道通信社 現代画報社
国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報
発行部数が3万部以上です。今、評判の雑誌って?
タレントが取材します。インタビュアーって誰?
振り込め詐欺など悪徳商法にお気をつけ下さい!
大阪 東京 名古屋 取材費 刑法 取材 商法 民法 掲載料 無料
[PR]
by kokusaijo | 2010-01-27 13:42
<< 国際通信社の評判 現職知事のま... 国際通信社の評判 新型ワクチン... >>



痛快無比
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧