痛快無比

国際ジャーナル 取材 双子の出生比率

以前の雑誌「現代画報」で「育児」や「出産」に関する記事が様々な内容で紹介されていた
ように思うのですが、2008年に生まれた双子は1万1496組で、出生数がピークだった2004年の
1万2900組に比べて、1割減ったことが大阪の大学教授の調査でわかったのだそうです。

日本産科婦人科学会が2008年に、母体や胎児・新生児の安全を考えて、体外受精した胚を母胎
に戻す数を原則1個とする見解をまとめたことなどが影響していると考えられるとのことです。

この大学教授は、厚生労働省の人口動態統計などをもとに、双子の出生数を調べました。
双子は1980年半ばまで、出産1000回あたり6.5組ほどでしたが、体外受精の普及などで増え続け
て、出生比率がピークだった2005年には出産1000回あたり11.4組に達しました。2008年の双子の
出生比率は出産1000回あたり10.3組だったそうです。

胎児の数が増えると、早産や未熟児で生まれる危険性が増え、母体への影響も大きくなるために
日本産科婦人科学会は1996年に、体外受精で戻す胚を3個までにする見解を発表しました。その後、
2008年に原則1個に見解を改定したそうです。

私は最近近所のスーパーで双子の赤ちゃんを連れたお母さんを数人見かけます。双子用のベビーカ
ーに赤ちゃんを乗せて、お母さんは買い物をしています。私にも双子ではありませんが子供がいま
す。「育児、大変だろうな」と思ってしまうのが本音です。私の知人が初めての診察で双子とわか
り、非常に驚いていたのを覚えています。1人の赤ちゃんがお腹の中にいるよりも、かなりお腹の
大きさも違っていました。少しトラブルがあり短期間入院したこともありましたが、無事に出産し
て双子の赤ちゃんも元気だということを人から聞きました。安心しました。
双子でも、双子でなくても、授かった命。出産後も、どうか幸せにしてあげてください。


国際ジャーナルと報道ニッポンと現代画報 商法 取材 現代画報 国際通信社 国際ジャーナル 現代画報社 国際通信社って 取材 取材費 報道通信社 取材 取材 国際ジャーナル 大阪 国際通信社グループ 国際通信社 東京 取材 評判の雑誌って? 掲載料 報道通信社 報道ニッポン 報道ニッポン 刑法 発行部数が3万部以上です タレントがインタビュアーになり取材します 現代画報社 取材 民法 掲載料 取材商法 国際通信社グループ 名古屋 現代画報
[PR]
by kokusaijo | 2010-02-17 10:46
<< 国際ジャーナル 取材 パッケー... それって取材? いきいきした生... >>



痛快無比
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧