痛快無比

<   2010年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

民主党政権の政策優先順位について



これからの日本の経済について、一体どのような政策 を取り入れていけばいい
のでしょうか。政府の考えている景気回復策はどのようなものがあるのでしょう
か。民主党政権においても、例えば公共事 業では、学校の耐震工事や災害復旧
など、暮らしの安全に直結する社会資本の整備を検討してもらいたいと思いま
す。何より国民の安全というもの が最優先されるべきではないでしょうか。国
際ジャーナルでも、民主党政権が取り組むべき政策については、その優先順位を
はっきりとさせていく 取組みを行ってもらいたいところです。そのほかにも、
ニーズが高い介護施設や保育所などの整備も、早急な検討が必要ではないでしょ
うか。ま た、疲弊している地方経済の建て直しも、地域経済にとっては大切な
テーマになっています。地方では景気回復の足取りが遅く、2010年1~6
月の中小企業倒産件数は依然として上昇する傾向にあると聞きます。公共事業の
削減や消費の低迷で、建設や小売りの苦境が続いているのが現状で はないで
しょうか。政府としては、中小企業向け融資の円滑化など、資金面での支援が、
今以上に緊急の課題として求められています。これからも 様々な状況に直面し
てくると思いますが、適切な政策を探ってもらいたいところです。





報道通信社
[PR]
by kokusaijo | 2010-08-31 19:31

パンデミックに備えた体制作り



一時期日本でも危機感が広がった新型インフルエンザ ですが、世界保健機関
(WHO)によると、ようやく新型インフルエンザの世界的大流行が終息したと
宣言されています。これは日本のみならず、 世界中の人にとっても喜ばしい
ニュースではないかと思います。このインフルエンザに対してのワクチン準備な
ど、世界的な流行を予想した危機管 理体制が、日本でも問われていました。国
際ジャーナルでも、新型インフルエンザのような状況において、どのように危機
管理を行うのか、そんな 特集を組んでみると面白いかもしれません。2009
年6月に警戒の最高水準「フェーズ6」が宣言されました。ですから、1年2カ
月を経て危機 を乗り越えたことになります。国内ではすでに流行は沈静化して
いますから、この宣言に対してそれほど重要性は感じられないのかもしれませ
ん。 しかし、今後に第2のインフルエンザが訪れる可能性もないとは言えませ
ん。ウイルスが強毒性に変異するという可能性もあるという意見もありま す。
そのほかにも、新しい疫病の発生は、人間社会にとって避けることのできない永
遠のテーマなのかもしれません。常にリスク管理をしながら、 より安全な人間
社会を作ることが大切ではないかと感じます。




報道通信社
[PR]
by kokusaijo | 2010-08-31 15:05

政府の考えている経済対策はどうなっているのか



最近の日本経済では、円高と株価低下という二重の緊 急事態が続いています。
この状況に対して、政府と日銀は危機感が足りないと感じるところがある人も多
いのではないでしょうか。もっと早急な対 応策をとるように指摘する報道もあ
ります。国際ジャーナルでも、これからの日本経済の行先については、継続的な
論評をお願いしたいところで す。最近の為替の動きですが、欧米市場では円相
場が一時1ドル=83円台に急伸しています。これは15年ぶりの円高水準とい
うことです。これ からどのように進んでいくのか気になるところです。株価に
ついても、終値が9000円を割り込んでいる現状です。これも1年4カ月ぶり
の出来 事になっています。いずれにしても、進行する円高や株安への具体策を
示さない政府・日銀に対する市場の失望感の表れではないかと思います。政 府
にとって、これからの経済対策はどのように行われていくのでしょうか。特に、
円高による輸出産業の業績悪化は、日本全体の経済に悪影響を及 ぼす恐れがあ
ります。ですから、せっかく回復基調にある景気が腰折れする懸念も高まってい
るのではないかと思います。民主党政権においては、 まずは経済の強化という
ことを主体として動いて欲しいところです。




報道通信社
[PR]
by kokusaijo | 2010-08-31 11:42

イオン、ジャスコ、サティが統合される?

イオンといえば、大型ショッピングモールを頭に思い浮かべる方も多いかと思いますが、そのイオンが来春をめどに、今イオンが傘下にいれている総合スーパー3社を合併する方向で検討を進めているそう。「イオン」「ジャスコ」「サティ」として名前が別れていますが(モールなんかに行くと、イオンモールの中にジャスコがあったりしますよね)、「イオン」に統一するそう。これによてどんなメリットがあるのかといえば、3社が統合することで、商品仕入れの一本化や人事、経理など間接部門の合理化でコスト削減が期待できるのだとか。現在合併が検討中なのは、千葉市で「ジャスコ」を運営しているイオンリテール、大阪市で「サティ」を運営しているマイカル、千葉市で「イオン」を運営しているイオンマルシェの3社だそう。リーマン・ショック以降、消費の低迷や長引くデフレで、流通関連の会社は本当に苦しんでいるようですね。まだ決定しているわけではないそうですが、決定すると「イオン」という名前を見ることが増えることになるわけですね~。それにしても、それで首を切られる人もいるのかなあなんて思うと、またまた不況を感じてしまいますね。早く経済が上向きにならないかなあ。バブルなんて、もうこの先ありえないのでしょうか?

現代画報社
[PR]
by kokusaijo | 2010-08-30 18:39

今は寂しい商店街

私が子供の頃に毎日のように行っていた商店街が「シャッター街」になっているという

ことを知りました。
私は今でも「ここにはこのお店」「あそこにはあんなお店」と場所を覚えているのですが
残念ながら数年前からシャッターが閉まっており、開けることはなくなっているようです。

かなり前から大きなスーパーが商店街の近くにでき、そちらに足を運ぶ人が多くなったようです。
それからは商売にならない・・・ということで、ふと気付くと「シャッター」が目立つように
なってしまいました。

このような状況がかなりの地域で見られているのではないでしょうか。
テレビでも複数の番組で取り上げられていたように記憶しています。

ある県では、若者が自分の育った地域からどんどん離れていっている・・・ということが問題
になっているようです。ある新聞記事で紹介されていました。
親や近所の人が「これから、チカラになってもらおう」と期待していた若者は自分の夢を叶えるために、
また都会に出て就職をするために出て行ってしまうようなんです。
そのために、今まで活気あふれた商店街が「跡取りがいない」ということで、やむなく店を
閉める・・・というところが増え、結局は「シャッター街」になってしまった・・・という
ことだそうです。

私が行っていた商店街では、とても優しいおじさんやおばさんがいて、母のおつかいで行くと
「お母さんの手伝いしてるの?賢いね。じゃあ、ご褒美あげようね」とお菓子をくれたり
おつりを多く渡してくれたり、かわいがってくれました。
ある程度の年齢になってからでも、「仕事、がんばってるの?」「うちで買ってくれた、自転車
の調子はどう?」と話しかけてくれたものです。

大きなスーパーでの買い物は、便利で様々な専門店が入っているので見るだけでも楽しいかと
思います。
でも、「人情」という面ではやはり「商店街」は素晴らしい存在ではないでしょうか。

私は、そう思います。「もう一度、あの活気ある商店街を」と願っているのは私だけでしょうか。



報道通信社
[PR]
by kokusaijo | 2010-08-30 13:56

どうやって自分の良さをアピールするか

国際通信社国際ジャーナルにもよくでてきますが、これからの時代は個性が重要です。

一方、自分の個性をどうやって伝えていくかという事は、就職や転職をする場合な
どには、非常に大切なスキルであると言えます。これは自己PRのテクニックと
も言えます。自己PRをうまくするにはどうすればいいのでしょうか。元々、自
分を売り込む事が上手な人は確かに存在します。しかし、テクニックであるとい
う事は、努力ややり方によって、うまい自己PRができる様になるという事で
す。ではどうすればいいのでしょうか。まず自己PRをする上で一番大事なの
は、自分を知ることです。自分のいいところをわかっていないと、他人に理解し
てもらう事はできませんん。日本人は謙遜する事が多いですから、自分から自分
の良さをアピールする事は抵抗がある人もいるかもしれません。まずは、そのよ
うな考え方を変えていく必要があります。自分の良さを正確に相手に伝える事
で、お互いのミスマッチを避ける事ができますので、これは誠実な事です。決し
て悪い事ではありませんね。このような考え方をベースにして、今一度、自分の
良さを再分析してみる事が、今後のキャリアアップにもつながるのではないかと
思います。






報道ニッポン
[PR]
by kokusaijo | 2010-08-30 10:40

西友のノントレイ包装

みなさんもよく利用されているかと思われる、スーパーの西友。その西友が、7月末から全国371店舗でノントレイ包装と呼ばれる包装を利用したアメリカ産豚ヒレブロックの販売を開始しているのだそうです。お気づきになられた方、いらっしゃいました?!このノントレイ包装、
アメリカの工場で店頭用のノントレイ包装を行って、日本に輸出されることで、日本到着後、加工工程を通さずにそのまま各店舗に配送されるそう。ということで、これまで西友が肉をアメリカから輸入しトレイ詰めにしていたとき使用していた流通用包装フィルムや販売用トレイが不要となることで、年間約2.5トンの容器包装の削減が可能になるとのことですよ。その上、今までかかっていた時間を短縮することができるために、鮮度は高くなり、賞味期限は長くなるという嬉しいポイントも!もちろん、加工するときに発生していた容器代やらコストが減ることで、お肉も安く提供できるようになったんだとか。やっぱりアメリカの大企業、ウォルマートが上にいるだけあって、他のスーパーとの差別化もしっかり計算に入れられているような感じですね。大企業は特にエコに敏感になってきている今日この頃、他のスーパーもさらに新しいアイデアを産みだすことに苦労しそうですね~。

現代画報社
[PR]
by kokusaijo | 2010-08-27 17:18

猛暑なのに。。エアコン「目安電気料金」が6倍も懸け離れていた!?

今日も朝から暑いですね。

今朝の天気予報で、「この夏一番の暑さ、スポーツは控えた方がよいでしょ
う・・・」と言っていました。

さきほど、庭の水まきに出たのですが、あっという間に汗をかきました。

灼熱といってもよいぐらいですよね、この猛暑は・・・



勢力の強い太平洋高気圧の影響で、最高気温が35度以上の「猛暑日」を記録した場
所が68か所、

気温が30度以上の「真夏日」の場所も622か所となっているそうです。

この太平洋高気圧の張り出しは、関東や東海地方を中心にしばらく続くそうで、今月
末まで厳しい暑さだそう・・・(汗)



そんな猛暑の中、思わぬ可能性が発覚しました!



なんと!店頭に表示されているエアコンの「目安電気料金」、これが実態の約6倍も
懸け離れている可能性のあるそうです。



これは、産業技術総合研究所の調査で発覚しました。

原因は、性能試験に使う時間をもとにしていて、実際の家庭での使用状況を把握して
いなかったため。

なので、エアコンを替え変えれば節約になり、二酸化炭素削減量がされるというの
は、過大評価になってしまう可能性があるとして、

経済産業省は見直しを検討しています。



連日連夜、エアコンが切れない・・・

でも、省エネだからと思っていたのに・・・

今月の電気代請求が怖いです(涙)


報道ニッポン
[PR]
by kokusaijo | 2010-08-27 11:43

女性駅長が少ない現実

今では様々な職業で女性が活躍しているのではないかと思います。
過去では考えられなかったような職業でも今では当たり前のように女性が活躍
している・・・これは素敵なことだと思います。
中でも通勤や行楽などで利用する電車で、女性の運転士や車掌を見かけることは
珍しくないのではないでしょうか。

先日の新聞に載っていたのですが、女性が駅長になった・・・というのは数少ない
ということが載っていました。ちなみにJRでは現在、全国で4人だけなのだそう
です。なぜ、女性駅長は少ないのでしょうか・・・。

例えばJRの場合で記事が載っていたのですが、民営化後の1999年に施行された
改正労働基準法で、女性の時間外・休日労働や深夜勤務に関する規制が撤廃されました。
JRでは女性用宿泊設備などを備えるなどした結果、運転士や車掌などの現場でも
多くの女性が活躍できるようになったといいます。
が、駅長となると話は別のようで記事内には様々な理由が書かれていましたが、簡単に
言うと「民営化後に採用した女性社員が駅長になれる年齢に達しなかったため」という
理由をJRは説明しています。

残念ながら様々な職業の場で女性が活躍するこの世の中で「駅長」というポストには
なかなか就けないようですが、今後は女性がどんどん前に出て活躍して頂きたいですね。
子供たちの憧れの的にもなるのではないでしょうか。


報道通信社
[PR]
by kokusaijo | 2010-08-25 17:03

公務員採用抑制

すごい不景気の中にいる日本、(といっても世界中が不景気ですけれどね)、公務員の人気はやっぱり高いのではないでしょうか?ということで、国家公務員の採用状態がどうなっているのかという興味深いニュースを見てみました。人事院が発表したところによると、8月20日、中央省庁や出先機関の中堅幹部候補を採用する国家公務員II種試験(大卒程度)の平成22年度の合格者は、政府の採用抑制方針を反映しているそうで、合格者数4076人と、前の年から比べると、なんと1123人(21.6%)も減少したのだそうです。これはどういうことかというと、II種試験が導入された昭和60年度以降、2番目に少ない人数だそう。もちろん、この不景気で申込者数は8100人増えたそうですから、倍率はなんと7.7倍から11.8倍にアップしたそうですよ~。公務員になるのが、どんどんむずかしくなりそうですよね。合格者の方は、各省庁や出先機関の面接をすることが残っていますが、1744人が採用される予定なのだそうです。今公務員を目指して頑張っている方は、今の2倍がんばらないと、なかなか合格するのは難しそうな感じですね。一度公務員になってしまえば、悪いことをしない限りは将来は約束されたようなものですから、がんばらないとですね~。

現代画報社
[PR]
by kokusaijo | 2010-08-25 10:05



痛快無比
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧