痛快無比

<   2010年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

現代画報社の現代画報の特集 我が子を意識不明にまでする行動

先日から「虐待」に関するニュースがテレビで取り上げられていました。
この「虐待」は大きな問題で、地域によっては電話相談などの窓口を設けて
いるところがあるようです。そして以前では雑誌「現代画報」でも紹介されて
いたかと思います。

先日ニュースで取り上げられていたのは、小学4年生の長男に暴行し、意識不明
の重体となる大けがを負わせたとして、兵庫県警は34歳の父親、31歳の母親
を傷害容疑で逮捕したそうです。

発表によると、2人は昼の3時半頃から約9時間、断続的に自宅で小学4年の長男
の顔を平手打ちしたり、胸などをけったりして重傷を負わせた疑いがあるという
ことです。この長男は病院に運ばれたそうですが、意識不明の重体だといいます。

両親は容疑を認めているとのことです。父親の財布からお金がなくなっていたので
長男に問いただしたところ「ゲームを買った」などと話したようですが、実物が
見つからなかったために殴ったというのです。

財布からお金がなくなっていたのは本当に長男がとったからなのでしょうか。詳しく
は私も分からないのではっきり意見が言えないのですが、ただ、意識不明になるまで
の状態に持っていく親の気持ちが信じられません。しつけの度合いを越えています。
子供を育てることの大切さをもう一度考え直す必要があるかと思います。


月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年4月号のご案内 | 現代画報社
[PR]
by kokusaijo | 2010-08-06 11:59

現代画報社の現代画報の特集 中川家剛、すい炎に

お笑い好きの人の中でも、「中川家の剛が好き」という方には、ちょっぴり心配なニュースがあります。なんでも、このところ体調不良ということで休養していた剛さんが、慢性すい炎からなる急性すい炎と診断されたそうで、約1ヶ月間の入院が必要となってしまったそうです。ちなみにこれが判明したのが、7月24日の夜、剛さんの所属事務所がFAXで発表したそうですから、今年の夏は療養の夏といった感じになっちゃいそうですね。ちなみに体調不良の原因究明のために、7月20日から東京都内の病院で入院し、精密検査を受けていたという剛さん、きっと悪いことばっかり頭によぎってしまったでしょうね~!剛さんは「誠に勝手ながらしばらくの間休養させていただくことになりました。元気になって、いち早く皆さまの前に戻ってこれればと思います」とコメントしているようですが、仕事復帰の時期はまだ未定のようですね。一応「医師の指導を仰ぎながら決定したい」と、剛さんの所属事務所は話しているようですよ。剛さんの元気な姿をテレビで見られるのは、今年の秋以降ということになりそうですね。ゆっくり静養して、また元気に復帰できるように、ファンの方も応援してあげてくださいね!

国際ジャーナルの詐欺に関する記事
[PR]
by kokusaijo | 2010-08-05 13:31

現代画報社の現代画報の特集 体温よりも暑い夏

梅雨が明けた途端、全国一斉に酷暑の日々が続いてますね。午前中まだ8時くらいなら大丈夫かなと思って、帽子を被ってジョギングに出たのですが・・もう暑いという表現を通り越して、苦しい。3km走るのが精一杯でした。猛暑日が続いたせいで熱中症患者の数が過去10年の最高記録を抜いたらしいですよ。群馬の館林なんて38.9℃まで上がったとか。体温より高い、しかも平熱どころか高熱でうなされてる状態じゃないですか。そりゃ暑くて死ぬ人が出てもおかしくないわ。
でも、猛暑日を記録したのは2年ぶりのことだそうで、ちょっと意外な気がしました。特に今年は5月くらいまで気温がなかなか上がって来なかったから、冷夏になるんじゃないの~なんて言ってたからかもしれません。ヨーロッパでも異常高温になっているみたいですね。
こうなってくると、地球温暖化の話があちこちで出てきますよね。猛暑→みんながエアコンをつける→消費電力が上がる→CO2排出→温暖化→猛暑→・・という悪循環。国際通信社の雑誌でも取り上げそうです。まあ 分かってはいますがね、エアコンをつけない方がいいってことは。でも暑い。今朝も子供に「朝から暑い暑いって言うな!」と怒って学校へ送り出しましたが、正直、子供は大変だと思います。一クラス40人近い教室に扇風機2台しかない環境で勉強しているんですから、エライわ。音楽室はエアコンついてるらしいです。音楽にはエコより平常心が必要ですか(苦笑)。



現代画報社 取材
[PR]
by kokusaijo | 2010-08-04 12:20

現代画報社の現代画報の特集 日本経済の成長に向けた方策を考える



世界的に先進国は財政再建に向けた舵取りを始めてい ます。最近のニュースを
みていると、そのような感想を持つ人が多いのではないかと思います。日本で
も、日銀が今年度の実質成長率見通しを上方 修正しています。経済が上向きに
なれば、税収も増えますので、財政再建にとっては明るい話題であると思いま
す。これからの日本の景気について は、国際ジャーナルでも充分に注意しても
らいたいところです。マスコミの与える影響は、かなり大きいのではないかと思
います。景気拡大に向け た好循環を作り出すためにはどうすればいいでしょう
か。これはとても難しい問題です。中国などの好調な新興国経済が支えなので
しょうか。日本 におけるデフレ経済から脱却する方法はあるのでしょうか。政
治の役割も大きいと思います。日本経済をなんとか安定した軌道に乗せるため、
引き 続き各方面の努力と協力が必要になっていると思います。その中でも、政
府としては日銀の役割が大きいと思います。一部の企業はリーマン・ ショック
後に抑えていた設備投資に踏み切り始めているという報道もありますので、これ
らの芽を育てていくような金融政策がいまこそ望まれてい ると思います。引き
続き注目していきたいと思います。





bis-press.net | 国際ジャーナル | 国際通信社 | 詐欺と情報セキュリティ
[PR]
by kokusaijo | 2010-08-03 16:41

国際通信社の国際ジャーナルの対談取材 国産食品は安全?

ある主婦を対象としたモニター調査が実施されました。
オーストラリア産、アメリカ産、日本産の牛肉をさまざまな方法で調理し、
産地を隠してどれが一番おいしいかを答えてもらう調査でした。

「やっぱり国産が一番おいしいわね。」 「外国産の牛肉とは全然違う。」
そのような意見があちこちで聞かれる中、結果としてもっともおいしいとされたのは、「オーストラリア産」の牛肉でした。
自分が日本産の牛肉を選んだと信じていたモニターの方々は、驚きを隠せません。
しかしその後、「そういえば、少し臭いがあると思った」 「よく考えたらやっぱり違う方(日本産)の肉のほうが柔らかくておいしかった」
などと言い出す始末。

「国産食品は安全でおいしい。」 「外国産の食品は安いが国産より安全面で不安があり味が落ちる。」
このように考えている日本人は多いでしょう。
でも、果たして本当にそうなのでしょうか?

一見外国産食品は安全ではないように見えます。
しかしながら、外国産食品に対する検査は年を追うごとに厳しくなり、
その検査の中で発覚したのが上述の事件です。
では国内産食品に対する検査は・・・?
食品の種類にもよりますが、検査の基準は外国産と比較すると相当ゆるいものであり、

中にはまったく検査なく市場に出回る食品もあります。
ある調査では、単位面積あたりの農薬の使用量は日本が世界一多い、とも言われており、

そのような食品が安全であるという保証には疑問符がつきます。

一消費者としては、国産食品が安全でおいしいと信じたい気持ちはやまやまですが、
こういった状況も頭に入れて、日々の食事について考える必要があるのではないかと思います。

yahoogoogleseo.awe.jp
[PR]
by kokusaijo | 2010-08-02 18:10

国際通信社の国際ジャーナルの対談取材 円周率は3

今、冲方 丁(うぶかたとう)の「天地明察」を読んでいます。

主人公、渋川春海は、大名家お抱えの碁打ちの名家に生まれますが、算術が暦学
、神道にも明るいことから、「北極出地」という、日本各地の緯度を計測すると
いう大事業を幕府から命ぜられます。

その過程のなかで、日本の「和算」の代名詞ともいうべき、天才的数学家、関孝
和に算学の設問を作り、解答を求める挑戦を続けます。

最終的には、彼が考案した「大和暦」が天下に認められるか否かなのですが、ま
だそこまで読むに至っていません。

碁、算術、歴術、神道と、あらゆる学問が登場しますが、数々の和算、算術の名
著が紹介されています。

その中に村木茂清という算術家の記した「算俎」という書物が登場しますが、円
周率が3.14が正解に近い、という記述があるそうです。

この物語の舞台は貞享年間。かの有名な元禄時代のひとつ手前の時代です。この
時代すでに円周率が使われていたのですね。

円周率3.14で思い出したのですが、2010年7月号の「現代画報」の記事で「ゆとり
教育」のことに触れていました。

この「ゆとり教育」の弊害については多く語られるところですが、よく耳にした
のは「円周率は3と教える」ということでしょうか。

実際は、ゆとり教育によって小数点の乗除を習っていないため、計算機使用でな
い手計算の場合は3で計算するしかないというところから生まれた「都市伝説」的
な話のようですね。



国際ジャーナル 世界のアイデア商品
[PR]
by kokusaijo | 2010-08-01 14:31



痛快無比
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧