痛快無比

<   2010年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

現代画報 国際ジャーナル 「こいき」という刻みたばこ

10月からたばこの値上げで禁煙されているという人、多いのではないでしょうか。
そんな中「刻みたばこ」の売り上げが伸びているのだそうです。
10月の増税による値上げ幅が紙巻きたばこよりもずいぶん小さかった影響らしく、
日本たばこの生産が追いつかないほどだそうです。
ちなみに京都では刻みたばこをたしなむ学生も現れているようで、きせるの売れ行き
も好調だということです。

現在、国内で市販されている刻みたばこはJTの「こいき」というものだけだそうです。
紙巻きたばこは10月に3~4割程度上がったそうですが、この「こいき」は税率の
違いから330円から30円の値上げにとどまったということです。

JTによると「こいき」は全たばこ生産量の0.1パーセントにも満たないそうです。
ですが、10月以降は紙巻きたばことは対照的に需要が衰えず、製造工程のほとんど
が手作業ということもあって供給が追いつかない状態だということです。

そして全国でも5人ほどという「きせる」の職人にも影響が出ているようです。
京都のある職人は「値上げを機に、急に若い客が目立ち始めた。」と話しています。

現在、禁煙をされている人にとっては心が揺れ動く話かもしれませんね。
それでも「禁煙」を頑張っているという人もいらっしゃると思いますが・・・。
値上げしても「たばこはやめない」と決めている人もいらっしゃるでしょう。
さて、みなさんはたばこの代わりに「こいき」に走りますか?
それとも「禁煙」をしますか?


21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナル
[PR]
by kokusaijo | 2010-12-22 18:41

現代画報 国際ジャーナル ノロウイルスの予防が必要な時期

新聞に載っていた記事に気になる内容のものがありました。
これから年末にかけて、ノロウイルスによる食中毒や感染性胃腸炎の患者が
最も増える時期だといわれています。ノロウイルスはごく少量でも口から体内に
入ると感染します。乳幼児や高齢者は症状が重くなることがあるだけに、手洗い
をしっかり行うことと、感染した人の嘔吐物は適切に処理するなど、日ごろから
予防対策を徹底することが大切です。
ちなみに、私の子供が通う幼稚園ではノロウイルスに感染して休んでいる園児が
多くいます。ですので、私の子供に感染しないようにと手洗いやうがいなどの
徹底は十分にしているつもりなのですが、こればかりは分かりません。

このノロウイルスというものは感染してから1、2日の潜伏期間を経て、吐き気や
嘔吐、下痢、腹痛などの症状が出ます。通常は1、2日で回復するということで
すが、乳幼児や高齢者では脱水症状になることも多いといわれています。
水やスポーツドリンクなどで水分補給をすることがとても大切です。

私の子供がまだ1歳くらいの頃に、このノロウイルスに初めて感染し、食べること
もできなければ水分を取ることもできませんでした。親としてとても不安になりま
したが、先ほど記載した1、2日間ほどで元気になってくれ、食欲も元に戻った
ため安心しましたが、とてもつらそうな表情をしていました。

つらい思いを子供にさせないよう、日ごろから予防対策は行わなければならない
ですね。その予防対策が風邪やインフルエンザ対策にもつながると思います。


国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
報道ニッポン
[PR]
by kokusaijo | 2010-12-22 12:17

現代画報 国際ジャーナル エコカー補助金終了後の自動車業界

新聞に載っていた記事ですが、日本自動車販売協会連合会が12月1日に発表した
11月の軽自動車を除いた新車販売台数は、前年の同じ月と比べて30.7パーセント
減の20万3246台にとどまったということです。
3か月連続の減少で、下げ幅は10月の26.7パーセントよりも拡大されました。
11月としては1968年の統計開始以来最大となってしまったのです。
やはり、9月の「エコカー補助金終了」に伴う反動が販売に深刻な影を落としている
ようです。

補助金の恩恵を受けたメーカーほど反動減も厳しいようです。ハイブリッド車の販売を
大幅に伸ばしたメーカーが34.3パーセント減、別のメーカーが37.6パーセント減、
また別のメーカーは40パーセント減となったのです。
落ち込んだ需要が戻るには数ヶ月かかるとみられているようで、当面は厳しい状況が
続く見通しだそうです。ですが、補助金効果による8月までの上積みがあるために、
「12月が前年と比べて3割減となっても、2010年の販売台数はリーマン・ショック
があった2008年を上回る」という話もあるようです。

まだまだこの国は「不景気」が続いています。「不景気」に関する内容の記事が
国際通信社から発行されている雑誌にも載っていたように記憶していますが、
このエコカー補助金は、多くの人が喜んだシステムだと思います。
「今が買い時」と判断した人が多かったのでしょう。あっという間に予算がなくなって
しまったようですね。非常に残念な話でした。
ちなみに家電製品のエコポイントも半減されるという話です。
今後、自動車関連、家電製品関連はどのような状況になるのでしょうか。


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報社
[PR]
by kokusaijo | 2010-12-21 15:38

現代画報 国際ジャーナル インターネットでの活字は。。

電子書籍に、インターネット新聞・・・



最近携帯やパソコンのインターネットの普及で、とにかくなんでも

インターネットで済ませてしまう、そんな傾向が目立ちますね。



報道ニッポンの2010年5月号で「滅びる活字メディア」という

特集をしていましたが、雑誌などの売れ行きは

かなり低迷しているみたいです。



個人的には活字を読むのは、インターネットではなくて

本が一番だと感じます。



本の活字を追うというのは、脳にとっても

大変良いことだと思ってもいます。



携帯小説が書籍になったものを読んだことがあります。

「どうして、横書きで左から右に読むのだろう・・・」

と、考えてしまってことがあります。

答えは簡単。

携帯小説だから!

携帯の字を追うのと同じように、書籍も作られていたんですね。

最初は読みにくかったのですが、携帯やパソコンでのメールを

おこなっていますので、横書きの書籍はすぐ慣れますけど・・・



インターネットはとても素晴らしいもので、どんどん活用していく事には

賛成ですが、この部分は踏み入れない方が良いのかな。。

と思うことが多々あります。



携帯ひとつあれば、買い物から読書、生活の全てを賄ってしまえる。

そんな時代になってきていますが、それは少し悲しいですね。。

国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道通信社
[PR]
by kokusaijo | 2010-12-20 13:03

現代画報 国際ジャーナル ヤフオクに自分を出品。

 Yahoo!オークションに自分を出品している人がいる。人気サイトの編集長だそうだ。「個人事業【大住有】の事業譲渡に関する優先交渉権」という商品名。落札者は大住さんと交渉し、双方の合意によって取引成立ということだそうだ。普通に就職活動もしながら、落札もまっているそうである。
 彼は私は知らないが、勇名な人のようなので、面白半分で落札する人もでてくるかもしれない。このようにニュースにもなっているのだから、話題性もあり、期待の新人ということになるだろう。しかし、実際に一般の人間がヤフオクのオークションで就職活動をしたところで、どうなるだろうか?面白そうではある。肩書き、資格、今までの経歴などを書き連ねて、自分を競り落としてもらう。とはいえ、かなり自分に自信がないと難しい話である。高学歴で、例えば医者として働いた経験が長いとか、そういった方ならいいかもしれない。
 さらに考えてみれば、婚カツにも使えるかもしれない。自分の写真も載せて、「私を嫁にもらってください。」とやれば、高く買い取ってくれる人がいるかもしれない。ただし、買い取ってくれた人は選べないので、難しいところだ。綺麗な方なら是非やってみてもらいたいと思った。

報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報
[PR]
by kokusaijo | 2010-12-17 13:05

現代画報 国際ジャーナル 上級者の酒

ダンナのつきあい酒で呑み過ぎて肝臓がなんとなく重たかったのですが、休み明けからのいつもの主婦気まま生活に戻したらすっかり調子が良くなりました。つきあい酒と言っても、ビールを少しとワインだけです。大学生のころは焼酎や日本酒も平気だったのになあ。まあ 「盛り上げるためだけ」の安い合成酒だったので、味もへったくれもないのですが。
今は正月しか日本酒を呑みません。良いものを少しだけ。鯛の塩焼きやお煮しめ、かまぼこやロースハムと一緒にゆっくりゆっくり呑むと、日本酒も美味しいなあ悪くないなあと思います。報道ニッポン5月号に日本酒の魅力に迫る記事が載っていて、日本酒の世界の奥深さを紹介していますね。私は冷でしか呑まないのですが、本の中で登場する酒宴のシーンや通の人が語る熱燗の美味しそうな話は、ちょっと呑んでみたいなと思わせるものがあります。日本酒好きの知り合いが言うには、熱燗は寝酒に呑むのが一番美味しいとか。その人は30過ぎの可愛らしい顔をした女性なんですよ~。とても呑ん兵衛には見えない!彼女にしてみると、ワインでは物足りないそうです。いや それはワインを知らないからだ、と思うのですが、かく言う自分は日本酒を知らないんだよなあと思い直しました。まだ夜はひんやりしますから、休みの前の日にでも熱燗を試してみようかな。休みの前ってところが情けないけど。。いやあ 日本酒は上級者の酒、大人の酒ですね。





国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報
[PR]
by kokusaijo | 2010-12-16 12:41

現代画報 国際ジャーナル 光の画家

日本人は印象派が大好きですよね~。モネ、ドガ、ルノワール、セザンヌ、ピサロ、モリゾ、ギヨマン、シスレー・・・名前聞いただけでその絵も思い浮かぶ作家も居れば、名前は分からなくても絵を見れば「ああ 知ってる!」という作家が多いのは、やはり私たちが印象派の絵によく触れている証拠でしょう。そんな印象派の中でも大家であるルノアールは、絶大な人気がありますね。現代画報に『ルノワール
──伝統と革新』展についての記事載っていて、見に行こうかと思ったら、東京展はもう終わってました。。残念。でも、大阪展は6月まで開催中なので、関西の人は是非とも訪れた方が良いと思います。なぜって、あの有名な「可愛いイレーヌ」は大阪展のみの出展!だからですよ~。一目見れば、この愛らしい少女が美術の教科書に載っていたことを思い出す筈です。透けるような白い肌と柔らかく澄んだ眼差し、なんといっても特徴的なのは少女の上半身を流れる長く美しい髪の毛の表現です。光が当たる部分は金色を帯び、陰になった部分は憂いを秘めたように濃く深い茶、波打つウェーブが赤く茶色く変化に富んでいます。そんな髪の表現が、少女の息遣いをも感じさせてくれる、本当に美しいポートレートです。やっぱりルノアールは光と影の表現が素晴らしいですね。光と影と言えば古典主義ですが、決定的に違うのは、ルノアールが光を主にしているところでしょう。影の中にも光を感じさせることができるのは、やはり巨匠の業です。そういえば、5月下旬にはオルセー美術館展が開催されますね。この初夏が楽しみです。





現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道ニッポン
[PR]
by kokusaijo | 2010-12-15 13:22

現代画報 国際ジャーナル 国民全体として取り組みが必要なデフレ対策

日本経済の先行きについては、まだまだ不透明であると言わざるを得ないと思い
ますが、最近の懸案事項として、デフレの進行があります。政府においても、日
本経済は物価が持続的に下落する「緩やかなデフレ状況にある」ことを11月の
月例経済報告において発表しています。民主党政権においては、事業仕分けなどの
取り組みによる、財政の無駄使いを改める取り組みが行われていますが、同時
に、日本経済の発展対する政策も、早急な対応が必要になってきています。国際
ジャーナルなどの雑誌でも、これからの経済をどのように誘導していくのか、と
いうテーマは非常に多く議論されていますが、デフレによる日本経済への影響に
ついては、いい面と悪い面を合わせて、より国民への情報開示が必要であると思
います。デフレによって、生活必需品などが安くなっていくのは、一消費者とし
てはいい事かもしれませんが、一方、企業の収益を圧迫する事によって、就職や
雇用への悪影響も懸念されます。結果として日本全体の消費が冷え切ってしま
い、ますます日本経済が沈んでいくという悪循環、いわゆるデフレスパイラルの
発生が懸念されるところです。このデフレ対策については、政府任せでなく、国
民としても取り組みを考えていくべきテーマだと思います。







「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
現代画報社
[PR]
by kokusaijo | 2010-12-14 12:40

現代画報 国際ジャーナル 別物

報道ニッポンに、活字メディアの衰退いや滅亡みたいな特集記事が載っていて、自問の苦しみを感じました。電子書籍の進化は今や破竹の勢いですからね。。インターネットでニュースを読むのが当たり前なら、本を電子メディアで読むのが当たり前の時代はもうすぐそこまで来ていると言って間違いないのです。アマゾンが独自開発したキンドル、電子ペーパーの精巧さを見ていると、出版業界は滅びるしかないと言いたくなる気持ちも分かります。このままいくと、再版本が激減するでしょうし、電子書籍向けというより、電子書籍だけのコンテンツがどんどん増える筈です。コストを考えれば出版社が電子書籍に移行するのは当然の流れなのかもしれません。
しかし、印刷会社、製紙会社、運搬会社、書店、出版物を出して作って印刷して運んで売る・・これだけの労働力がぶら下がっているメディアをそう簡単に潰してしまっていいのかどうかというと、それはまた難しい問題です。私たち消費者は、電子書籍に対して、どれだけ読みやすいか、気軽に手に入れられるか、ツールが早く安くならないか、などなど自分たちの要望しか考えませんからね。今まで手にしていたものがどうなるかなんて、どうでも良いと思っているところがあります。だからこそ、ユーザーに振り回されないように、電子書籍と紙媒体の出版物はラジオとテレビぐらいの違いがあると考えて、出版社には本を作り続けて欲しいと思います。そうじゃないと面白くない。画一化されたメディアなんてどうしようないじゃないですか。





報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際通信社
[PR]
by kokusaijo | 2010-12-13 12:53

現代画報 国際ジャーナル トイレの神様、紅白出場

みなさんはすでに、「トイレの神様」をご存知でしょうか?「トイレの神様」って、トイレの花子さんみたいな怖い話かって一瞬思っちゃいそうですが、そうではなくて、純粋に「トイレの神様」なんだそう。なんでも、トイレには、それはそれはキレイな女神様がいるんやでと話していたおばあちゃんの言葉を信じ、毎日トイレをキレイに掃除していたのだとかで、おばあちゃんを想った歌と言ってもよいかもしれませんね。そんな「トイレの神様」を歌っている歌手の植村花菜さんが、なんと大みそかでは毎年恒例の「第61回NHK紅白歌合戦」に出場されることになったようです。一応今回出場するのは、紅白合わせて44組だそうで、去年の50組から6組減となっているものの、「トイレの神様」を歌う予定の植村花菜さんは、9分52秒の曲をノーカットで歌うことが決定したそうですよ~。長い曲なのにノーカットで歌うなんて、紅白という舞台でしっかり歌えちゃうんでしょうか?度胸がある人じゃないと、勤まらなさそう~!本当は今年はK-POPが目玉だったようですが、残念ながら不在となることになってしまった穴をバッチリ埋めてくれちゃうのでしょうか!?まだ「トイレの神様」を聞いたことのない方は、この機会にぜひ聞いてみちゃってくださいね。

現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル
[PR]
by kokusaijo | 2010-12-10 20:16



痛快無比
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧