痛快無比

<   2011年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧

現代画報 月刊 国際ジャーナル ぞうのはな子、64歳に。

ぞうさんて、どのくらい生きる動物なのか、ご存知ですか?ぞうにもよるのだろうけど、武蔵野市にある井の頭自然文化園にいるアジアゾウの「はな子」は、なんと国内最高齢で今月、64歳になったのだそう。過去の最高齢は65歳だそうですから、あと2年頑張れば記録更新になるのですね~。はな子のために、井の頭自然文化園では29日に誕生会を開くようですよ。誕生会では、バナナやリンゴなどで作ったケーキがプレゼントされる予定のようで、はな子にとっても嬉しい一日となりそうですね。ちなみにこのぞうさん、昭和24年にタイから上野動物園に来園したのだそうで、昭和29年からは井の頭自然文化園で飼育されているのだそう。おばあちゃんのぞうさんですが、今も食欲は旺盛だそうで、健康上の問題もないとのことで、記録更新になりそうな予感ですね。過去10年以上はな子のお世話を担当している飼育員の山川宏治さんは、はな子は食事や運動量も適度で、心の面でも健やかな状態を保っている、死をみとるつもりだったが、自分が先に定年を迎えることになりそうだと話してるいるそう。確かに!はな子は戦後初めて日本に来たぞうということで、はな子を見に来る来園者の中には、祖父母から孫の3世代にわたるファンもいらっしゃるのだとか。

国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際通信社
[PR]
by kokusaijo | 2011-01-20 15:04

現代画報 月刊 国際ジャーナル 朝青龍、離婚はしていなかった!

お騒がせなお相撲さんといえば、元横綱の朝青龍を思い浮かべるかたもまだまだ多いのではないでしょうか?そんな朝青龍が、 1月14日に放送されるバラエティ『金曜スーパープライム 突撃スタアの晩ごはん』で突撃取材されたそうですが、なんと離婚をしていなかったことが発覚したそうです。というのも、朝青龍、2009年に朝青龍のの公式サイトで離婚を発表したそうですが、その翌年には復縁といわれて、なんだかごたごたした感じだった奥さんとのラブライフ。しかも、DVだ、浮気だといろいろうわさされたそうですが、実は元々離婚していない上に、そういったDVや浮気も一切なかったのだそう。自分で離婚したといってしまった理由は、別居中に離婚になるのではと報道が過熱していくのが面倒くさくて、離婚ですと言ってしまったのだそう。もともといろいろな場面でお騒がせなお相撲さんでしたが、引退してもなお「お騒がせ」な話題を振りまいてくれている朝青龍。奥さんのタミルさんとは、仲良しだそうですが、タミルさんと子供たちは生活環境を整えるためにモンゴルに帰国し、結果として別居となっているわけだそう。どうやら日本では別居は離婚を連想してしまうため、じゃあ離婚といっておけばいいやと思ったらしいですね。

報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナル
[PR]
by kokusaijo | 2011-01-19 10:10

現代画報 月刊 国際ジャーナル オーストラリア北東部での洪水被害

新聞に載っていた記事なのですが、オーストラリア北東部クイーンズランド州で、
昨年の12月下旬から降り続く大雨が未曾有の洪水被害を引き起こしているのだそうです。

氾濫した河川の濁流にのまれるなどして1月6日までに10人が亡くなっています。
州政府によると、日本の国土の2.4倍もの大きさにあたる90万平方キロメートル以上
が水につかって、住宅が浸水するなどの被害者は約20万人にも達しているのです。

港湾都市のロックハンプトンでは、川の堤防が決壊して市街地のほとんどが冠水している
とのことです。住民に食料を届けるために軍が出動しているようです。
産業活動にも影響が出ているようで、国内最大の石炭の産地がクイーンズランド州です。
露天掘りの採掘現場の多くが水没しているのです。

そして、この水害によって農産物の価格が今後50パーセント以上高騰する恐れがある
とも地元紙では報じられています。日本はうどんなどのめん類パンの原料として小麦の
2割を輸入していて、水害が日本の食卓に影響を与える可能性も出てきているようです。

自然による被害というのは、その国だけに影響があるのではなく、他国にも影響が及ぶ
ということですね。非常に恐ろしい力だと思います。
災害に関しては、以前にも雑誌「現代画報」に載っていたように記憶しているのですが、
多くの人が命を落としてしまったということ、また生活が不自由な状態になっていると
いうこと、精神的なダメージも大きいでしょう。
1日も早い回復を祈りたいのですが、新聞に載っていた写真を見るとかなりの被害です。
今後、どうなるか心配ですね。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報
[PR]
by kokusaijo | 2011-01-18 15:29

現代画報 月刊 国際ジャーナル 初売り商戦

年明けの恒例となっているニュースが、「初売り商戦」ではないでしょうか。
今年の初売り商戦は、都心の百貨店が軒並み前年の売上高わ上回る好調な
滑り出しとなったようです。

個人消費の回復に期待が膨らむという結果になったのですが、大手スーパーや
家電量販店は前年並みの店の多く、本格回復はまだ不透明な状況です。

新聞記事に載っていたのは、東京・銀座の記事でした。
初売り初日の2日は回転前から福袋目当ての買い物客が書く百貨店の前で長い
列を作りました。プランタン銀座では、女性だけで会食を楽しむという「女子会」
を想定した衣料品や調理用品などの福袋が計40個即日完売して、2日の売上高は
前年を3パーセントも上回ったのです。昨年9月に増床オープンした三越銀座店も
2日の売上げ高は40パーセント増と大幅アップしたそうです。
そして、松屋銀座店も3日の午後5時までの売上げ高は前年と比べると5パーセント
増だったのです。

国際通信社から発行されている雑誌には「不景気」に関する記事が様々な内容で
載っていたようにも思うのですが、まだまだ不景気であります。
ですが「お正月くらいは」と思う人が多かったようですね。
中にはお正月でも、厳しい生活を送っている人も多いのです。
今年は、この国が明るい国になるよう、祈っています。


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道通信社
[PR]
by kokusaijo | 2011-01-18 11:46

現代画報 月刊 国際ジャーナル 隠語では野良

「医療現場をかき乱す“未受診妊婦”とは?」という記事が国際ジャーナル12月号に載っています。何となくは知っていましたが、未受診妊婦の救急搬送が問題になっているんですね。未受診妊婦とは、読んで字の通り、妊娠しているのに定期的な医師の診察を受けていない妊婦のことです。陣痛が来たときだけ産む時だけ受診すればイイ・・・訳ありません。産婦人科を受診して、赤ちゃんが何週ぐらいにまで育っているのか、血液検査によって血液型、貧血の有無、血糖値、出血が多くなったとき血が止まりにくい人かどうかなどを調べたり、梅毒、B型肝炎、 C型肝炎、 HIV(エイズ)、ATL(成人T細胞白血病)などの感染症の有無も血液検査によって分かるのです。
つまり、妊婦自身の状態も、胎児の状態も何も分からないまま、お産の際どんな危険性があるかも分からないまま、分娩を迎えることがどれほど大変なことか、未受診妊婦は何も分かっていない(分かっていても受けない?)と言えます。そして、彼女たちの多くが医療費を踏み倒したり、産み捨てるように病院から姿を消したりしています。こんな妊婦を受け入れてしまったら最後、医療現場はトラブルを抱え混乱するのは必至ですよね。酷いケースでは破水から4時間後に駆け込んで、死産を病院の過失として訴えるというものも。。同じ母親として辛く腹立たしい話です。



国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
現代画報社
[PR]
by kokusaijo | 2011-01-14 14:54

現代画報 月刊 国際ジャーナル 日本の政治における閉塞感を打破するには?

日本の政治状況については、いろいろと報道されてい ますが、現在の状況はと
ても困難なものではないかと思います。まさに混迷という状況に陥った感のある
民主党政権です。政権を取った当初は、国 民の期待も大きかったと思います
が、現在の状況は大きく変わっています。支持率も低いままです。2010年
は、民主党が政権運営の未熟さを感 じさせてくれた一年だったのかもしれませ
ん。国民が期待する政策の大胆な見直しは、ほとんど成果を出すことがなく終
わったのではないでしょう か。連日のように報道されている民主党内の対立劇
も政策論不在の権力闘争と感じている国民も多いと思います。これからの政治の
あり方について は、国際ジャーナルでも提言を行って欲しいところです。今年
の政治の混乱を象徴するのが、6月の鳩山前政権の退陣劇ではないかと思いま
す。鳩 山由紀夫首相は米軍普天間基地の移設問題をめぐって、国外、最低でも
県外と宣言していました。しかしながらアメリカ政府と本格交渉に入れない ま
まに退陣することになっています。正に政権投げ出しという感じに移りますがど
うなんでしょうか。これからの民主党ッ政権の行方については、 また大きな動
きがありそうな気もします。





国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル
[PR]
by kokusaijo | 2011-01-13 10:46

現代画報 月刊 国際ジャーナル 空港をキーとした地方経済の活性化

最近はアジアの経済発展が世界的にも注目を浴びてい ますが、その中で、今ま
でより安い価格を売り物にした航空サービスが話題となっています。北海道の玄
関である 新千歳空港ですが、この空港に 今アジアの格安航空会社の注目が集
まっているという事が報道されています。この背景にはどんな動きがあるので
しょうか。今のところ、韓国の2 社が定期チャーター便の運航を始めていま
す。それに追加して、今後は中国の上海吉祥航空が、上海との定期便を就航させ
ることを検討中との事で す。帆ッ稼動経済にとってはいいニュースかもしれま
せん。国際ジャーナルでも、このような地方の活性化につながる話題を報道して
ほしいと思い ます。今回の背景ですが、空港ビルを運営する北海道空港の子会
社が地上業務に参入することによって、新千歳空港の国際線受け入れ能力が強
まっ たことなどがあるそうです。新千歳空港に乗り入れたり、検討を始めるア
ジアの航空会社が増えることによって、新たなビジネスチャンスが始まる かも
しれません。農産物を始めとした、北海道の食材が輸出されることも考えられま
す。観光客にとってもいいニュースだと思います。地方の空港 を利用した経済
についても注目したいところです。





国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
現代画報社
[PR]
by kokusaijo | 2011-01-12 10:21

現代画報 月刊 国際ジャーナル 迷走する民主党内の権力争いについて

国民の間でも支持率が低下している民主党ですが、そ の原因には何があるので
しょうか。一つの原因としては、小沢議員をめぐる民主党内の動きがあるのでは
ないかと思います。民主党の小沢一郎元代 表ですが、自らの政治資金問題に関
する衆院政治倫理審査会に、1月下旬に想定される通常国会召集前であっても出
席する用意があると周辺に伝え ていたことが報道されています。これによって
民主党の支持率には影響がでるのでしょうか。国際ジャーナルを始めとして、報
道各社の今後の ニュースを期待したいところです。今後の日本の政権運営につ
いても分析が必要ではないかと思います。小沢議員については、政倫審出席を表
明し た先日の記者会見については、「条件付き」と批判されたため、事実上の
軌道修正を図ることになっています。岡田克也幹事長ら執行部側はこの報 道に
ついてどのように対応するのか興味深い点があります。岡田氏と小沢議員の間
で、再度会談が行われるかもしれません。小沢議員をめぐる動き によって、国
会運営を始めとした民主党の政権が止まっている感もあります。この問題につい
ては早急に道筋をつけて欲しいと思います。今後の民 主党の対応については注
目したいと思います。





国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナル
[PR]
by kokusaijo | 2011-01-11 15:47

現代画報 月刊 国際ジャーナル 日本贔屓

フランス人って結構、日本贔屓ですよね?最近話題になったルーブル美術館での村上隆氏の展覧会、パリ・オペラ座前にユニクロの出店を許したり。フランスの文化を愛する日本人にとっては、逆に「なんで?」と首を傾げたくなるくらい、フランスの人は日本に甘いと思います。いや昔から日本文化をフランス人は賛美してくれていました。日本趣味として浮世絵を高く評価したのはフランス人ですしね。フジヤマ・ゲイシャにニンジャという古めかしいフレーズが好きなアメリカと違って、フランスは日本の現代アートやポップカルチャーに対しても理解があります。
国際ジャーナル12月号に「ジャパニーズポップカルチャー イン フランス」というコラムが載るぐらいに、日本文化はフランスに浸透しているんですよね。フランス文化好きの日本人としては、嬉しいけれど恥ずかしい感じが抜けません。フランスに対しての憧れと、日本人としての誇りとがなかなか心の中では同居しないんですよね。特にオタク文化については、フランス人に「これはちょっと恥ずかしいものなんですよ」って耳打ちしたい気分です。。自分がオタクだからハッキリ言いますが、オタクの遊びはこっそり楽しむものという自覚を持って欲しいんですよね。東京都はそれを許さないみたいですけど。パリは許して欲しい。



国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報社
[PR]
by kokusaijo | 2011-01-11 10:54

現代画報 月刊 国際ジャーナル 2011年スタート

2011年がスタートしました。みなさんは、どのようなお正月を過ごされたでしょうか。
年末のテレビニュースでは帰省している様子、また海外などでお正月を過ごすという
旅行へ行く人たちの様子が放送されていました。

「孫の姿を見ることができて嬉しい」「家族が久しぶりにそろった」という嬉しい
出来事もあったのではないでしょうか。久しぶりに友人に会った・・・という人も
いるでしょう。

今年はどのような年になるでしょうか。私の個人的な意見としては、とにかく景気が
改善されてほしいと思っているのです。
以前に雑誌「現代画報」でも不景気に関する記事が載っていたように思います。
テレビでも気分が滅入るような内容のニュースが報道されます。
いつになれば普通の生活ができるのだろう・・・そう思っている人は多いと思います。
どうか今年は一歩前進した国になってもらいたいですね。
悪いほうにいくのではなく、良い方向へ向かってもらいたいと思っています。

また、私の個人的な話になりますが、今年は上の娘が小学校へ入学、そして下の娘が
幼稚園に入園となります。
ついこの間生まれたばかり、と思っていたのですが、あっという間に成長していました。
親の私にはこれからもたくさんの課題が出てくることでしょう。
ですが、その課題を完成させることによって親としても成長できるのでは・・・と
思っています。
今年は、いずれにしても良い年になりますように・・・。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報社
[PR]
by kokusaijo | 2011-01-08 14:41



痛快無比
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧