痛快無比

<   2011年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧

現代画報 月刊 国際ジャーナル 日本を立て直すために真に必要な事は何だろうか?

これからの日本は、経済的にどんどん力を失っていく のではないかという危惧
がありますが、それを避けるにはどうすればいいのでしょうか。特に経済と財政
面における立て直しが早急に求められてい ます。また高齢化社会の進展によっ
て、社会保障の改革も必要です。日本には問題が山積みとなっています。本格的
な高齢化社会の前に、日本再生 のチャレンジが必要となっています。今の経済
の長期停滞の原因は何でしょうか。国際ジャーナルでも、この点については分析
を行って欲しいと思 います。経済における指導層の考え方は重要だと思いま
す。この点は雇用についても関連してくると思います。いまや東アジアの韓国や
中国が、日 本以上の技術的な影響力を発揮しようとしています。これに対する
日本の戦略が必要となっています。過去の栄光を早く捨てて、新しい戦略を持つ
ことが重要です。国内総生産で中国に並ばれから、日本はアジアでも経済超大国
ではなくなっています。後ろ向きとなった日本人の考え方から脱却 する必要が
あります。そのためには何が必要でしょうか。なによりも発送の転換が必要では
ないかと思います。今までも色々な危機を乗り越えてき た日本人として、これ
からが正念場だと思います。





国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル
[PR]
by kokusaijo | 2011-01-07 10:41

現代画報 月刊 国際ジャーナル これからの日本を支える新しい技術のロードマップ

日本はその蓄積してきた技術を武器として、これから の国際社会で戦っていく
必要があります。特に情報通信技術や、二酸化炭素の排出削減など環境面におい
て、電力や交通などのインフラ分野で技術 革新が起きているのではないかと思
います。これから将来に向けて、自動車や環境など日本が得意とする分野で、ど
のように国際的競争力を確保す るかが大事だと思います。国際ジャーナル
も、この点についての深い分析をして欲しいと思います。大手自動車メーカーが
進めているのが、電気 自動車の普及です。日産自動車が新しい電気自動車を発
表しています。電気自動車では道路沿いに設備を設けて短時間で充電する技術が
必要です。 電気自動車の普及に向けて、その周辺での技術が生かされるチャン
スもでてきました。そのため、世界的にも、米国やドイツなど自動車大国のほ
か、自動車メーカーがない国からの競争参加もありえます。ガソリンエンジンと
違って、電気自動車の場合は、電力の技術がカギとなります。日本 としても、
これからの技術開発のロードマップを考える必要があると言えるでしょう。新し
い経済発展と雇用の創出をするためにも、このような新 しい技術への取組みは
不可欠となってくると思います。





国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道ニッポン
[PR]
by kokusaijo | 2011-01-06 16:56

現代画報 月刊 国際ジャーナル 警視庁の情報管理の強化を求めたい

インターネットによる重要な情報流出事件が最近は多 発していると思います。
警視庁公安部が作成したと見られる国際テロ情報の資料がネット上に流出すると
いう大きな報道もありました。この事件に ついて作成を認めなかった警視庁
が、先日の記者会見で遺憾の意を表明しています。これにはどのような背景があ
るのか気になるところです。国際 ジャーナルでも、この事件については詳細な
分析を行って欲しいと思います。職員が取り扱った蓋然性が高い情報が含まれる
という様な表現によっ て、警視庁ではこの資料が流出したことを認めていま
す。しかしながら、今後の対策を含めて、警視庁の発表にはまだあやふやなとこ
ろもありま す。これでは事件の再発を防げるのか、ちょっと心配になります。
流出した情報は、ネット上で広がり続け、それらを掲載した本までもが出版され
るという状況になっています。インターネットは世界中にあっという間に情報を
広げることができるメディアになっていますので、対策の遅れは致 命的になり
ます。その点を警視庁ではどのように分析しているのでしょうか。国民の安全確
保にとって重要な情報も含まれていると思いますので、 今こそ早急な対策が必
要と思います。






報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道通信社
[PR]
by kokusaijo | 2011-01-06 10:01

現代画報 月刊 国際ジャーナル 日本の株式市場の今後について

2010年の日本経済を象徴するのは、何といっても 停滞感の強い株式市場の
状況ではないかと感じます。2010年の大納会の日経平均株価の終値は1万
0228円92銭でした。これは、1年前に 比べると、3%安くなっていま
す。今年の日本経済をまさに表していると感じます。国際ジャーナルでも、この
ような株式市場の今後については、 深い分析を行って欲しいと思います。株式
市場に流入するお金の量を示す売買代金はどうだったのでしょうか。こちらも、
6年ぶりの低水準となっ ています。市場の活動があまり活発ではなかったとい
う事になります。株式を新たに公開した企業の数も少なく、10年前の約10分
の1しかな かったそうです。米英は平均株価が1割ほど上昇していますが、そ
れに比べると日本の株式市場は力を失っているのが感じられます。日本経済に元
気がないからでしょうか。この理由については、いろいろな意見のあるところだ
と思いますので、日本経済の今後についてはあらゆる角度から考え てみたい
テーマです。いずれにしても、株式市場はその国の経済を表す一つの大きな指標
ですから、この早期回復を求めたいと思います。日本経済 の動向についても注
目したいと思います。





現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報
[PR]
by kokusaijo | 2011-01-05 10:07

現代画報 月刊 国際ジャーナル 日本を取り巻く大きな問題への解決策は?

今年の政局ですが、参院選で民主党が大敗したのは大 きなニュースだったと思
います。この結果、国会は再び「ねじれ」状態に入っています。これからの政策
がうまく企画され実現するのか、ちょっと 心配です。今の日本に必要なのはな
んでしょうか。ムードによる政権交代はもう必要ないと思います。国民一人一人
が、じっくりと考える事が必要 とされているのかもしれません。マスコミに
とっても、その点を充分に理解した報道姿勢が求められています。国際ジャーナ
ルなどのマスコミで は、これからどのような姿勢で報道を行っていくのか注目
してみたいと思います。国会の討議を見ても、聞くに堪えない悪口合戦になって
いると感 じている人も多くいます。活発な議論は必要ですが、意味のないプレ
ゼンテーションはやめて欲しいと思います。疲弊する地方経済に対しても、名
古屋市や鹿児島県阿久根市で、強いリーダーシップを発揮しようとする市長が、
議会と激しく対立する事が起きています。地方自治の考え方もこれ からの日本
にとって重要です。日本人の暮らしの場では、長引くデフレ不況、所得格差の拡
大が、さまざまな問題を生んでいます。今こそこの問題 に対して日本全体で取
り組むときだと思います。






報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル
[PR]
by kokusaijo | 2011-01-04 13:46

現代画報 月刊 国際ジャーナル 日本の未来を真剣に考えるためには?

かつては世界第二の経済大国だった日本ですが、その 状況は大きく変わろうと
しています。経済だけでなく、外交、社会保障などに戦後先送りしてきた問題が
多数表れていると感じます。まさに難問が 山積となっています。その様な状況
で政治に対する視線は厳しいものがあります。今の日本に必要な政治について
は、国際ジャーナルでも深く分析 を行って欲しいと思います。政治の責任は大
きいと感じます。今の国民が目指す姿を明確に理解して、政策を立案・実行する
ことが重要ではないか と思います。世界の状況も、大きく動いています。日本
の改革にもそれほど時間がない状況だと思います。菅政権においては、このよう
な状況の中 で、いろいろと努力を重ねていると思いますが、こうした要請にこ
たえ切れていないと感じます。尖閣諸島での海保巡視船と中国漁船の衝突で中国
との関係も厳しい状況になりました。このような状況には注意も必要ではないで
しょうか。今の日本に必要なのは、国民の不満の捌け口ではないと 思います。
正に未来の日本に対する冷静な取組みが、国民全体に求められているのではない
かと感じます。そのような状況で、マスコミの立場も重 要です。マスコミの動
向にも注目したいと思います。





報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル
[PR]
by kokusaijo | 2011-01-04 10:48



痛快無比
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧