痛快無比

<   2011年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

月刊誌国際ジャーナル オリコン1位のアルバム

桑田佳祐さんのファンは、全国各地幅広い年齢層で多いと思います。
桑田さんの新作CDアルバムが、3月7日付のオリコンの週間ランキングで
1位になったそうです。新聞に載っていました。
桑田さんといえば食道がんを患い、テレビや新聞でも大きく取り上げられました。
ですが復帰してからも、やはり桑田さんの素敵な歌は健在でしたね。
このアルバムは、食道がんの療養による制作中断を経て、2月23日に発売された
ものなんです。すでに手元にCDがあるという人は多いと思います。
これからの桑田さんの活躍も本当に期待したいですね。


国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナル
[PR]
by kokusaijo | 2011-03-08 15:55

国際通信社・月刊 話題の子ども手当に所得制限導入?

民主党の岡田克也幹事長が記者会見で、子ども手当法案の

修正について、所得制限導入は当然議論になり得るとして、

前向きに検討する考えを示したそうですね。



所得制限は、当然の話ではないでしょうか。



それよりも扶養者控除や配偶者控除について、もう一度考え

直して欲しいと思います。

そして、日本に住んでいる日本国籍の方のみの支給でお願い

したいです。



しかし、所得制限をされるというのは、制限額はいくらになるのでしょうか?

それならば、もともとあった児童手当で良いと思いますけど。



子ども手当じたい、将来を見据えた法案ではなかったこと、民主党以外の

国民はすべてわかっていたと思いますよ。


国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道ニッポン
[PR]
by kokusaijo | 2011-03-08 10:14

ビジネス月刊誌は国際ジャーナル 糖尿病意識調査

糖尿病って、太ってる人だけの病気ではないんですね~!製薬会社の大手である、「ノボ ノルディスク ファーマ」の意識調査で、40-60代の男女の3人に1人が「太っていないので糖尿病にならない」と油断していることが明らかになったそうです。私もそう思ってました!ちなみにこちらの調査は、平成21年12月上旬、40~60代の男女計1200人にインターネットで実施されたそうで、その結果、太っている人が糖尿病になりやすいと思うと回答した人は、なんと全体の約半数である49・7%を占めたのだそう。それに、現在太ってない人の36・3%が、将来的に自分が糖尿病になる可能性がないと答えていたということですが、実は日本人て欧米人に比べて糖尿病になりやすい体質なのだとか。糖尿病のリスクを高めてしまうのは、運動量が少ない方、甘いものをよく食べる方、ストレスを感じることが多い方、アルコールをよく飲む方、標準よりカロリーが多い食事をする方などだそう。しかもショックなのは、日本人に多い2型糖尿病患者の6割は太っていない人なのだそうですよ。なぜ日本人が欧米人と比べて糖尿病を発生する率が高いかというと、血糖値を下げるインスリン分泌能力が低いためなのだそう。気をつけなくてはなりませんね~!

国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
現代画報
[PR]
by kokusaijo | 2011-03-07 12:47

現代画報社の月刊誌 市民との対話によるTTPの是非を考える

これからの日本経済の行方に大きな影響を与えそうなのがTTPだと思います。政
府はこの環太平洋経済連携協定、いわゆるTPPなどについて市民と 議論を開
始しています。貿易自由化と農業改革に関して、さいたま市では農業関係者を含
む一般市民約350人がこの議論に参加しています。この動き は日本全体に広
がってくるのでしょうか。日本国民全体の議論が求められています。これからの
日本を決めるTTPについて、国民からどのような意見 がでてくるか気になります。




国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
現代画報
[PR]
by kokusaijo | 2011-03-04 19:04

月刊・報道ニッポン・国際ジャーナル 都知事選に向けた石原氏の動向について

たちあがれ日本の平沼赳夫代表などが石原慎太郎知事に4選に向け、東京知事選
に出馬するよう要請しています。この背景には何があるのでしょうか。 平沼代
表によると、「下馬評に上っている顔ぶれを見ると、余人をもって替え難い。日
本のため東京のために出るべきじゃないか」という考えの様で す。東京都知事
選については、様々な候補が立候補するかもしれませんが、石原現知事の動向に
ついては、これからも報道の中では中心になってきそう ですね。



報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
現代画報
[PR]
by kokusaijo | 2011-03-04 15:22

国際ジャーナル|月刊誌 入試問題の流出

テレビや新聞でも取り上げられていたニュースなのですが、京都大学などの
入試問題が試験時間中にインターネットの掲示板に投稿されたという問題が
起きました。この問題で京都府警は、京都大学の被害届けを待って今後、
不正な手段で大学の入試を妨げた偽計業務妨害容疑などで本格捜査に乗り出す
そうです。
また、同じハンドルネームの人物による不正は立教大や早稲田大、同志社大でも
確認されているそうです。
何を目的で掲示板に投稿したのか分かりませんが、必死で勉強をしてきた人に
大して大変失礼な行動だと私は思います。
寝る間も惜しんで入試当日を迎えた人たちの気持ちを考えてみてください。


国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道ニッポン
[PR]
by kokusaijo | 2011-03-03 10:24

現代画報・月刊・国際ジャーナル 大学受験の不正とITの今後

ITを使った事件が多発していますが、今回は大学の受験で発生しています。これ
は大学の受験で出た問題が、そのままインターネットの掲示板に張り つけられ
たという内容です。これはどのような手口で行われたのでしょうか。細かい点に
ついてはこれから調査が進むと思いますが、携帯電話の機能も 高度化するにつ
れて、同じような事件が発生することも考えられます。ITは便利な機械ですが、
使い方によっては犯罪のきっかけにもなりそうです。



国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道ニッポン
[PR]
by kokusaijo | 2011-03-02 10:00

国際通信社・月刊誌 政局に波紋をもたらしそうな民主党の動き

民主党では小沢議員への対応を含めて派閥争いが続いていますが、前原誠司外相
を中心とする議員グループ「凌雲会」にも動きがありそうです。有力幹 部が早
期の衆院解散・総選挙に備え、グループ若手議員に準備を詳細に指示していると
の報道がありました。2011年度予算関連法案など、今後の与 野党攻防の展
開によっては、衆院選が近く行われるかもしれません。民主党内外を含めて、政
局に大きな影響を与えてくるかもしれませんので、今後も 注目です。



大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
現代画報社
[PR]
by kokusaijo | 2011-03-01 11:39



痛快無比
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧