痛快無比

<   2011年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ザ・ヒューマン 月刊  心温まる話。

ある神社の賽銭箱から、10年前賽銭箱から賽銭を盗んだことを謝罪する手紙とともに、ぬすんだ金額の3倍の利子をつけた金額が入っていたそうだ。「社会人になって、お金を稼ぐ大変さを実感し、賽銭を盗んだことを思い出しました。」
 なんとも心あたたまる話である。ずっと気に留めていたのだろう。盗むことは確かに悪い。しかし、それをずっと悔やんで、お金を返そうと思ったその人の誠実さが素晴らしいと思う。
 昔親の財布からお金を盗んだことがある。社会人になって、お金を稼ぐことの辛さを知り、家族を抱えて働く父の苦労にやっと気づいた。一人暮らしを始めたので、料理が出てきて、洗濯されていることがどれほど幸せだったのかということを知った。両親のありがたさを本当に実感した。それから両親にお金を盗んだことを涙ながらに謝った。両親は知っていた。それ以上、何も言わなかった。そのときの想いがこの記事を読んで、よぎった。
 大人ぶっていても、やはり学生の頃などはまだまだ子供で、親の手のひらで転がされていたのだと思った。いまだに恩返しはできていないが、私もこの賽銭泥棒さんのように親に倍以上の返金をしたいと思う。お金はずっとないから、老後の面倒はみるつもりである。不況の中でもこういった心温まる話をもっと聞きたいものである。

ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報
[PR]
by kokusaijo | 2011-04-28 13:49

報道通信社 未来の本棚

先日、ずっと読みたかった本を図書館で見つけて、あまりの面白さに徹夜で読んでしまいました。いやあ 止まらない止まらない。電子ブックの話が国際通信社の雑誌でよく取り上げられていますが、電子ブックでここまで長い時間、字を追い続けるのはちょっと無理があるような気がします。目が持たないんじゃないかと。良い液晶が出てきているとはいえ、やはり目が疲れます。テレビもパソコンもキツイ。それに装丁を鑑賞したり手触りを楽しんだり、ページをめくる感覚が好きというところは、紙が断然勝ります。
電子ブックの一番の利点は、場所を取らないところ。データの強みですよね~。こればっかりはいいなあと思う。旅行に持っていくときもいい。ちなみに飛行機の中では使えるんですかね?ちょっと微妙ですね。あと、データだけにぶっ飛ぶと悲しいことになりそう。。
電子ブック以外の本の保存方法ってないのかな~。本棚からはみ出した本の山を日々見て見ぬふりをしている人間としては、ドラえもんのポケットが欲しいです。物質を圧縮できる発明は後どれぐらい先に現れるんでしょう。空飛ぶ車と同じくらい、この発明はSFっぽいですよね。携帯電話くらいの進化は望めないのかな。未来の本棚は電子ブックになってしまうのでしょうか。





現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
報道通信社
[PR]
by kokusaijo | 2011-04-27 17:44

国際ジャーナル・国際通信社・月刊誌 イタリアの原子力政策はどうなるのか?

地球温暖化対策の必要性などから原子力発電の必要性が議論されています。イタ
リアでは、原子力発電所の再開に向けた計画を進めています。そして、 6月に
は、再開の是非を問う国民投票が予定されています。イタリア政府は、原発の再
開に向けた計画を1年間凍結することを決めています。震災によ る福島第一原
子力発電所の事故を受けて、国内で原発再開に反対の声が強まっていることが原
因ではないかと予想されますが、どうでしょうか。





報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報
[PR]
by kokusaijo | 2011-04-22 20:06

国際ジャーナル・国際通信社・月刊誌 心温まる手紙

悲しい出来事がありました。

いくら嘆いてみても、どうしようもない事でしたが、人間模様の内側を垣間見たような気がします。

そんな時一通のお手紙を頂きました。

それが、とても、その方の心根の優しさが、文面から溢れてくるような
しみじみと温かい文章でした。

思わずほっとするような気持ちになって、ずいぶん落ち着いた覚えがあります。

手紙はなかなか書かなくなってしまいましたが、こんな風に、受取った人が心温まるような、さりげない言葉をつづって行きたいと、つくづく思いました。

言葉には力があります。
間違った使い方で、人を攻撃する事も、非難する事も簡単にできますし、逆に、弱った人を救ったり、安らぎに誘う事もできます。
どうせなら、やわらかい心で言葉を紡いでいたい。

日々の時間の中では、ついついおろそかになってしまう、大切な心を自分の中から呼び起こして、過ごして行きたい。

そんな風に、思った出来事でした。







国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
現代画報
[PR]
by kokusaijo | 2011-04-21 13:03

国際ジャーナル・国際通信社・月刊誌 有料化で減ったもの

犬がネコの引き取りを有料にしたところ、半年間の引き取り数が
前年同期に比べて大幅に減少したことが分かったのだそうです。
県生活衛生課は「有料化によって、飼い主が安易に動物を手放すことに一定の歯止め効果が
あったのではないか」とみています。

犬や猫の引き取りは「飼い主に責任を持って飼い続けることを促したい」として、昨年6月
から有料化されました。県や同市によると、有料化した昨年6~12月の半年間に引き取った

犬、猫の数は1238匹で、前年同期の2235匹に比べて45パーセント減少したそうです。

引き取られた犬や猫は、原則としてすべて殺処分となります。県動物愛護指導センターでは、
引き取り希望者がほかの飼い主を探すなど、引き取りを避けるよう努力したか確認をした上
で、最後の手段として引き取っているそうです。

以前、雑誌「現代画報」でも動物やペットに関する記事が取り上げられていたように思うの
ですが、有料化しなければ引き取りが減らないというのは非常に悲しい話ではないでしょうか。
1度自分の手元に来た犬や猫というのは家族の一員なのです。家族の一員ということは、最後ま
で世話をしてあげるというのが常識なのではないかと思います。
それを人間の勝手な考えから手放すというのは、決して許される話ではないように思います。
犬や猫が言葉を話せないがために、物のように捨ててしまうという行為がどうしてできるので
しょうか。犬や猫は感情がある立派な生き物です。人間と同じなのです。
現在、飼っている犬や猫を捨ててしまおうと考えている人はどれだけいるでしょうか。その考え
を持っている人に聞きたいのは「あなたは家族を捨てることができますか」ということです。
いつの時代になってもペットに対して無責任な行動をとる人は、なかなかゼロにはならないので
すね。




日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道ニッポン
[PR]
by kokusaijo | 2011-04-20 12:54

国際ジャーナル・国際通信社・月刊誌 アメリカの中東における考え方とは?

リビアのカダフィ政権による徹底抗戦の決意は、ますます流血を増やす結果にな
りそうです。反体制側も戦う構えは崩さず、カダフィ大佐による治安部 隊を
使ったデモ隊への無差別の発砲で多数の死傷者が出ています。これからのリビア
情勢が本当に気になるところです。アメリカとしてもイラクやアフ ガニスタン
に派兵している点から、これ以上の展開は難しいかもしれません。そうなると、
これからの軍事作戦も予断を許さないものになりそうです。



報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道ニッポン
[PR]
by kokusaijo | 2011-04-19 14:18

ザ・ヒューマンの美食探訪 生活保護受給者の人数増加

新聞に載っていた記事なのですが、厚生労働省が4月5日に発表したことがあります。
それは、今年1月時点の生活保護受給者は全国で199万8975人に達したという
内容でした。この数字は2010年1月と比べて17万1338人増えた数だという
ことです。過去最多だった1952年度の約204万人の水準に近付いているそうです。
以前、国際通信社から発行されている雑誌にも載っていたのが「不景気」に関する記事
です。やはりこの影響も大きいと思うのですが、今後は東日本大震災と福島原発事故で
多くの人が住居と仕事を失ってしまい、厚生労働省は生活再建のめどが立つまで
生活保護に頼る人が大幅に増えるとみているようです。
今回の地震や原発事故を除いても、やはり景気がよくなってほしい・・・というのが
願いです。


ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道ニッポン
[PR]
by kokusaijo | 2011-04-15 18:25

ザ・ヒューマンの美食探訪 災害時に帰宅できるのか。。

国際ジャーナル 2011年4月号に、「災害時、歩いて家まで帰れますか──

“人まかせにしない”防災意識を持とう」という記事がありました。

しかし災害直後の帰宅は余震などを考えると、とても危険だという声もあります。



歩いて自宅に帰れるか・・・考えてみました。



かなり時間はかかります、多分、1日かがかりになるでしょうが、歩いて帰宅

することは可能だと思います。

けれどもそれは通常の状態で、川には橋がかかっていて、倒壊した建物で道が

遮断されていないことが前提です。

もし、被災地真っただ中を歩いて帰るとなると、きっと2~3日はかかるのでは

ないでしょうか・・・



しかし、災害時に徒歩で帰れる道を、きちん把握しておくことは必要はありますよ
ね。


国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
報道通信社
[PR]
by kokusaijo | 2011-04-14 16:38

ザヒューマン・国際ジャーナル・報道通信社 小沢氏、菅政権の震災対応批判

民主党の小沢一郎元代表、菅政権の東日本大震災や原発事故への対応について

「初動の遅れをはじめとして、菅首相自身のリーダーシップが見えないまま、

無責任な内閣の対応では、さらなる災禍を招きかねない」と批判しています。



決しておかしな発言をしているとは思いませんが、何故同じ政党の管首相や

内閣の人間に、文句ばかり言うのだろうか・・・



小沢氏は文句は言いますが、なにかしたことあります?



震災から数日たって批判をし、そして1か月がたち、また批判。

口ばっかりで、活動が何も見えてきませんよね。



では、管首相が退陣したとして、誰ならば小沢氏は満足するのでしょうかね。

残念なことに、パーフォーマンス政党の民主党には、首相としての適任者は

いないように思えますが・・・


国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際通信社
[PR]
by kokusaijo | 2011-04-14 10:46



痛快無比
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧