痛快無比

<   2011年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧

国際ジャーナル 報道ニッポン 激痛エステ、流行中

ジンサコルギって、ご存知ですか?今韓国でも、そして日本でも話題になっているエステだそうですが、なんでも小顔に慣れるとかで女子から支持されているらしいです。ただしこのジンサコルギ、かなーり痛いエステだそうで、やっぱり簡単には小顔になれないということ?この間みたテレビのリポーターの女の子は、あまりの痛さに本気で泣いていました!痛みに強い、小顔になりたい方はジンサコルギにトライしてみてはいかがでしょうか?

国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道通信社
[PR]
by kokusaijo | 2011-05-30 16:34

国際通信社 国際ジャーナルとは 山本太郎さんが今、一番格好いい!

最近、福島原発の件で反対する芸能人として、山本太郎さんが挙げられていましたよね。「東電に逆らったら、きっと番組干されちゃうんじゃないかなあ、けれどそれを承知でやってるんだろうから、偉いよね」と、友達との間でも話題になっていましたが、とうとう事務所を辞めてしまわれましたね~!けれどどう考えても、山本太郎さんは勇気があって、格好いい!福島の子供たちのために、日本の未来のために、自分の職業を変えてでも一緒に戦う姿は、ファンが増えちゃいそうですよね!!

報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
報道通信社
[PR]
by kokusaijo | 2011-05-30 10:09

電話で取材 国際ジャーナル 木村多江さんが衝突事故に

新聞で知ったのですが、女優の木村多江さんが東京都内でタクシーに乗っていた
ところ、衝突事故に遭ったそうです。この事故で首に軽いけがを負ったということ
が5月19日に警察の取材で分かったそうなのです。
事故が起きた現場は信号のない交差点で、警察は双方の安全確認が不十分で
出会い頭に衝突したとみているようです。
命に別状がなくて安心しましたが、事故がおこらないよう、車や自転車を頻繁に
利用するという人は、細かな注意まで必要になってくるのではないでしょうか。
「自転車だから」という考えでは、必ず事故が起こります。
事故が起きてからでは遅いのです。


国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道ニッポン | 報道通信社 | 薬物汚染について考える
[PR]
by kokusaijo | 2011-05-29 11:48

ザヒューマンのテレビ取材 世界陸上のメインキャスター

俳優の織田裕二さんといえば、「キタ~!!」(古い?)以外には、世界陸上ってイメージありませんか?今年もやってくる8月の世界陸上には、やっぱり織田裕二さんとフリーアナウンサーの中井美穂さんが、メインのキャスターとして起用されたようです。TBSが独占中継する「世界陸上 韓国テグ」ですが、実はこの2人、TBSが世界陸上の中継を開始した1997年のアテネ大会から、8大会連続起用だとか。これからずっとこの二人でいいじゃないって、一瞬思っちゃいましたが、ダメなんでしょうか?

国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
bis-press.net|国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報
[PR]
by kokusaijo | 2011-05-28 11:54

国際通信社 報道通信社 報道ニッポンとは 福島第一原発3号機に人が入った~!

福島第一原発といえば、放射能の濃度が強すぎて放置されているイメージがありますが、とうとう事故から2カ月たった今、原発3号機の原子炉建屋に作業員二人が入りましたよね~!3月14日以降人が立ち入るのは初めてだといいますが、東電社員っていったってきっと下請けの人なんじゃないの~って、日本国民は内心思っていそうです。10分間だけだったそうですが、床から2~3メートルの場所の空間線量は、毎時160~170ミリシーベルトで、作業員の被ばく線量は最大2.85ミリシーベルトだったそうですが、大丈夫かなあ。ガンになっちゃうのではないかしら。犠牲ですよね~。

現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
ponyo.cute.bz
[PR]
by kokusaijo | 2011-05-28 02:29

国際通信社 報道通信社 報道ニッポンとは ホームステイ事業

東日本大震災で被災した福島県南相馬市の児童や生徒を石川県の一般家庭で
受け入れるという「ホームステイ」事業に、南相馬市からの応募者がいないこと
が分かったのだそうです。
市民の善意と被災地側からの希望がかみ合わないためで、背景には家族が離れて
暮らすことへの不安があるようなのです。
市民の気持ちと被災地からの意見がどのように異なっているのか分かりませんが、
何よりも子供だけを離れた土地で生活させるというのは、親としては不安でたまら
ないでしょう。私も母親の立場ですから、その気持ちは分かります。
緊急事態ということですから、何かお手伝いを・・・という善意の気持ち、本当に
嬉しいことだとは思うのですが・・・。


国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
気ままな現代通信
[PR]
by kokusaijo | 2011-05-27 23:40

太陽光発電 国際ジャーナル 電力 桑田真澄さんが男子ゴルフに出場

元巨人軍の桑田真澄さんが5月26日から岐阜県可児市で行われる男子ゴルフの
下部ツアーに初めて出場するそうです。新聞記事にも載っていました。
主催者推薦でデビューする桑田さん。5月25日にプロアマ戦に出場して
「わくわくしている」と意気込みを語ったそうです。
桑田さんが出場するのは、シード権を持たないプロ選手が競う大会だそうです。
桑田さんの出場は1月に決まったそうです。ティーチングプロの弟さんに指導を
受けるなど準備を重ねてきたそうです。
桑田さんといえば、野球のユニフォームの姿がイメージされますが、今度は
ゴルフで活躍されるのでしょうか。今後の桑田さんの活躍が注目されるのでは
ないでしょうか。楽しみですね。


国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
国際通信社
[PR]
by kokusaijo | 2011-05-27 10:42

ビジネスマンの必須アイテム国際通信社の国際ジャーナル 財源を整理した上で賠償問題を考えるべきだ

東京電力の賠償に関する話題が最近は多くなっていますが、その財源についてど
うするのかがポイントになりそうです。予想される賠償金額について は、まだ
正確な試算が完了していませんが、その規模は莫大なものになると想像されま
す。東京電力は巨大な企業ですが、果たして単独で賠償債務を負 うことができ
るのか疑問視する意見もあります。その場合、電気料金に賠償金額が上乗せされ
るという可能性もありますが、今後、議論の中心となりそ うです。



21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際通信社 取材
[PR]
by kokusaijo | 2011-05-27 08:12

ビジネスシーンにザ・ヒューマン 黄色い指導書

昨年に続いて、今年も飲酒運転事故が全国最悪となっているのが福岡県だそうです。
福岡県警が飲酒運転で摘発したドライバーに酒を提供した飲食店に黄色い指導書の
「イエローカード」を渡す取り組みを始めて25日で1か月が経ったそうです。
昨年の調査では飲酒運転事故で摘発された人の約4割が飲食店で酒を飲んでいた
というのです。自分が車を運転してきていると、アルコール類を飲まないという
ことをどうして理解できないのか不思議でなりません。
アルコールを飲んでいなくても車を運転することは、十分な注意が必要になって
きます。それにアルコールが入るとどのようになるのか、もう一度初心に戻って
考えて欲しいものです。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
現代画報|現代画報社|国際通信社グループ 国際ジャーナル 報道ニッポン
[PR]
by kokusaijo | 2011-05-26 07:48

ビジネスに必須アイテム 国際ジャーナル はしかの感染者が増加

新聞に載っていた記事なのですが、「はしか」の患者報告数がゴールデンウィーク明け
の5月9日から15日の週が28人で、前の週の14人から大きく増加したことが
分かったのだそうです。
都道府県別に見ると、最も多いのが東京の12人、そして埼玉、千葉、神奈川が各3人、
関東地方が4分の3を占めたそうです。
年齢別に見ると、1~4歳が52人で最も多く、以下は20歳代、30歳代、10~
14歳と続いてるようです。
幼い頃に予防接種を受ける人も多いと思いますが、これだけ増加していると聞くと、
不安になってきますね。


国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
報道ニッポンの誓い 報道通信社
[PR]
by kokusaijo | 2011-05-26 00:24



痛快無比
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧