痛快無比

<   2011年 06月 ( 50 )   > この月の画像一覧

ザ・ヒューマン・ビジネス 妊婦健診未受診と虐待リスクについて

妊婦健診をほとんど受けないで出産する場合、子どもを虐待する可能性が

高いという統計がでたそうです。



また妊婦受診を受けなかった母親自身が、虐待や家庭内暴力の被害者だった

ケースも多いことがわかったそうです。



妊婦自身の過去のことはわかりませんが、現在妊娠していることならば通常

の場合ならば、保健所などで把握できるはずです。

このような統計がでたのであれば、最悪のケースにならないよう注意をして

いって欲しいと思います。




報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナルと報道ニッポンと現代画報
[PR]
by kokusaijo | 2011-06-11 00:12

月刊誌・国際ジャーナル 暗黙の了解はない

現代画報に「ジェンダーフリーが家庭を壊す?!バックラッシュについて考えよう」というタイトルの記事が載っていて、普段はあまり「男女の文化的社会的性差」について考えたりしないと自分では思っていたけど、ホンネのところでは旦那に「バカにされている」と感じることは結構あります。「バカにされている」という言い方が強ければ、「女はこれだから仕方ねえなと思われている」って感じでしょうか。特に専業主婦は社会から切り離されているので、「養われている」という意識はどうしようもなく日々つきまとっているわけです。旦那曰く、「家事はサボっても食いっぱぐれないけど、俺が働かなかったら食べていけない。俺には家庭に対する責任があり、その責任の重さは家のことだけをしているお前とは雲泥の差がある。でもその差は仕方のないことで、だからこそ家庭を守っていてくれないと安心して働けないのだ」ということです。こちらとしては、はいそうですねとしか言い様がありませんわな。ただ、妻が働いて、夫が家事をする家では、これと完全に逆の立場になっているかというと、必ずしもそうではないような気もします。



国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-2529(代表)
報道通信社
[PR]
by kokusaijo | 2011-06-10 10:34

国際ジャーナル 社会保障制度の財源について

これからの日本では、基礎年金の国庫負担の割合を2分の1に維持するための財
源や、高齢化に伴う社会保障費の増加に対応する費用などが必要だと思 いま
す。そのためには2015年度までに、まずは消費税率を段階的に10%まで引
き上げるという案が浮上しています。さらに、現在は高齢者向けの 年金・医
療・介護に充てるとなっている消費税で得た収入の使途についてですが、今後は
高齢者以外の医療や少子化対策にも使えるようにしたいという 政府の意向の様
です。



大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-2529(代表)
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道ニッポン
[PR]
by kokusaijo | 2011-06-09 10:49

国際通信社の国際ジャーナル いまどきの学校給食とは・・・



先日の新聞記事に学校給食の特集が紹介されていました。

ある学校での給食のメニューに「カレーうどんとアメリカンドッグ、小倉白玉、牛乳」

「みそラーメンとあんドーナツ、果物、牛乳」「キムチ焼きそばとクロワッサン、イカナ
ゲット、イヨカン、牛乳」というメニューが載っていました。

栄養バランスの乱れたメニューが、学校給食で出されているといいます。

昨年末に給食に関する本が出版されたそうです。この本から実態が明らかにされたのです。
この本の著者は管理栄養士の男性です。長女が通う小学校の給食に疑問を抱いて、10年以上
前から学校給食の献立表などを保護者や学校栄養士から集めてきたということなのです。


これらの情報をもとに、41自治体の公立小学校で2004~2009年に出された給食73点を再現し、
写真入で掲載したところ、本は話題を呼んで、諸般から半年弱で7刷、計4万5000部という
評価を得たのです。保護者や学校栄養士などを中心に、反響も多数寄せられているのだそう
です。

私は、今回新聞の記事内に取り上げられていた本は目を通したことがないのですが、ただ、
ドーナツとラーメンというメニューや、キムチ焼きそばなどのメニューに大変驚きました。
私が小学校の頃、そのような給食は出ていなかったのです。時代の流れなのか、保護者の意
見なども聞いた上でメニューが決まったのかは分らないのですが、学校から出される給食に
は「栄養バランスのよさ」を求めている保護者も多いと思います。




「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
finance.awe.jp
[PR]
by kokusaijo | 2011-06-08 23:20

ザ・ヒューマンの経済誌 風評被害を防ぐのが最大のポイント

日本のからの輸出品については、放射能汚染されているのではないかという風評
被害が発生していますが、アメリカで開かれていたAPEC=アジア太 平洋経
済協力会議の貿易担当相会合では、この点の見直しを求める動きがでています。
日本が、福島第一原子力発電所の事故による風評被害の払拭を求 めており、会
議に参加する各国が過剰な輸入規制をせず、貿易上のルールを順守するという内
容で議長声明が採択されています。日本にとってはいい ニュースですね。





日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道ニッポン
[PR]
by kokusaijo | 2011-06-08 12:26

ザ・ヒューマンの経済誌 市場の取組による安全性のアピール

放射能に対する心配が広がっていますが、築地市場の卸売り業者によって、今回
の震災や東京電力福島第一原子力発電所の事故で、価格が下がるなどの 影響が
出ている海産物や農産物の安全性をアピールしようという取組が行われていま
す。これはとても重要な動きではないかと思います。各地の海産物 や農産物が
販売されて、その安全性がアピールされています。マスコミを含めて、しっかり
とした情報がいまこそ求められていると感じます。



国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
国際通信社
[PR]
by kokusaijo | 2011-06-07 13:00

大人の経済誌・国際ジャーナル・報道ニッポン 弱者切捨てではない効率化

これから高齢化が急速に進む日本にとっては、年金も医療も介護も必要な費用が
増える事が懸念されています。そのような社会保障の中に、むだな費用 が発生
しないような効率化をしなければならないと思います。それはどうすればいいの
でしょうか。実際、弱者の切り捨てにならない効率化が求められ ています。こ
れから検討される社会保障改革案には、必要な人を重点的に支えられるような、
システムの効率化が反映されて欲しいと考えています。



大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際通信社
[PR]
by kokusaijo | 2011-06-07 01:02

ビジネスと国際ジャーナル ローズガーデンが再開

東日本大震災による被害で休館している「千葉市花の美術館」で、ローズガーデンが
再開したのだそうです。これは新聞記事に書かれていました。
比較的被害が少なかったほかに、約600平方メートルの敷地に植えられた170種
のバラ300株がまもなく見ごろを迎えることから再開が決まったのだそうです。
「震災」に関する記事は国際通信社から発行されている雑誌にも載っていたように
記憶しているのですが、様々な地域で様々な被害が起きています。
ですが、時間が経った今、少しずつでも再開をする箇所が出てきています。
そのようなニュースを耳にすると、嬉しい気持ちになります。
また、何か微力ながらでも協力できることがあれば・・・と考えることもあります。


現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
報道通信社
[PR]
by kokusaijo | 2011-06-06 13:33

国際画報・現代通信社・報道月刊誌 今後の自然エネルギーの展開を考える

新しい電力の供給源となることが期待されている自然エネルギーですが、大型の
洋上風力発電施設や次世代のバイオマス燃料などは今後どうなんでしょ うか。
2020年代の本格的導入を目指すことなども、菅内閣としては、新しい政策に
盛り込んで欲しいところです。原子力の安全性への信頼が揺らぐ なか、菅総理
大臣としては、技術力を最大限に活用して、日本が再生可能エネルギーの分野で
リードする決意を示して欲しいと期待したいですね。





国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際ジャーナルとの再会
[PR]
by kokusaijo | 2011-06-05 19:58

国際ジャーナルと職人 山本太郎さんが今、一番格好いい!

最近、福島原発の件で反対する芸能人として、山本太郎さんが挙げられていましたよね。「東電に逆らったら、きっと番組干されちゃうんじゃないかなあ、けれどそれを承知でやってるんだろうから、偉いよね」と、友達との間でも話題になっていましたが、とうとう事務所を辞めてしまわれましたね~!けれどどう考えても、山本太郎さんは勇気があって、格好いい!福島の子供たちのために、日本の未来のために、自分の職業を変えてでも一緒に戦う姿は、ファンが増えちゃいそうですよね!!

国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
国際ジャーナル経済白書
[PR]
by kokusaijo | 2011-06-05 10:36



痛快無比
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧